人気記事 モータースポーツ撮影術シリーズ

全国で6箇所だけ! 日本のFIA公認サーキット紹介

モータースポーツ中毒者のぴぴと申します。

今日は日本に6つあるFIA公認サーキットについてのお話しです。

はじめに

ホンダの創業者本田宗一郎氏の、

「俺はレースをするところが欲しいんだ。クルマはレースをやらなくては良くならない。」

という言葉で、日本に初の本格的レーシングサーキットである鈴鹿サーキットが造られることとなりました。

その鈴鹿サーキットで、我が国のモータースポーツが本格的に行われるようになってから半世紀以上が経ち、その間モータースポーツ文化の成長?と第二次F1ブームの到来とともに、各地に多くのサーキットが建設されました。

そこで今回は、現在F1・スーパーGT・スーパーフォーミュラなどが行われる日本のサーキットのなか※で、FIA(国際自動車連盟)の公認を受けているサーキットを紹介していきたいと思います。

※十勝スピードウェイはFIA公認サーキットだが、現在F1・スーパーGT・スーパーフォーミュラなどの主要レースは開催されていないので、除外させていただいた。

鈴鹿サーキット

開業1962年
収容人数161,000人
主要イベントF1・SUPER GT・スーパーフォーミュラ他
全長5,807m

三重県鈴鹿市に位置する、日本が世界に誇るサーキットで、ホンダの関連会社によって運営されています。

冒頭でも書きましたが、日本における本格的なサーキットの第1号で、1963年の第一回日本グランプリから始まり日本のモータースポーツは鈴鹿サーキットとともに歩んできたと行っても過言ではありません。

毎年1987年より現在までF1日本グランプリを開催し20072008年は非開催)、F1ファンの間では『鈴鹿詣で』と言われ多くの観客で賑わいます。

2016年11月20日撮影 鈴鹿で行われた1989年日本GPで優勝したベネトンB189

勿論私もF1観戦のために、毎年10月は『鈴鹿詣で』を行なっていました。

9年ぶりにF1日本GPチケット購入 17年前初めて行ったF1日本GPで見た『生きたF1』の衝撃

私がF1とならび、鈴鹿サーキットで楽しみにしているイベントの一つが、毎年秋に開催される『SUZUKA Sound of ENGINE』です。

国内外から集められたF1やCカーをはじめとする懐かしのレジェンドマシンが、鈴鹿サーキットで蘇る素晴らしいイベントです。

このイベントが開催されるのも、鈴鹿サーキットが長くモータースポーツ文化に寄与したからこそ実現できたものだと考えます。

2017年11月19日撮影 SUZUKA Sound of ENGINE 2017では懐かしのF1マシンがレースをする姿を見せてくれた

SUZUKA Sound of ENGINE 2019 観戦記vol.1 伝説の6輪タイレルが登場!

2019F1日本GP観戦記vol.1 レッドブルの火花に興奮!予選編

富士スピードウェイ

開業1966年
収容人数110,000人
主要イベントWEC(世界耐久選手権)・SUPER GT・スーパーフォーミュラ他
全長4,563m

静岡県の東部、小山町にあるサーキットで、現在はトヨタグループが所有し、西の鈴鹿・東の富士と言われ日本の2大サーキットとして有名です。

コースの特徴は、全長1.5kmにも及ぶ国内一長いホームストレートで、スリップストリームを使ったオーバーテイク合戦が見ものです。

富士スピードウェイといえば、1976年に日本で初めてF1を開催したサーキットとして有名で、ジェームス・ハントやニキ・ラウダ、ジョディ・シェクターの6輪ティレルが活躍し、第一次F1ブームを巻き起こしました。

【6輪たいれる】現存するティレルP34の行方を探る!

富士スピードウェイ50周年記念イベント『FUJI WONDERLAND FES!』観戦記

F1開催は不慮の事故により1977年に一旦終焉を迎えますが、トヨタグループに所属した後、2007年に再度行われましたが、トヨタのF1活動終了とともに2008年を最後に終了しました。

現在F1に変わる世界選手権として、親会社のトヨタが参戦するWEC(世界耐久選手権)を2012年より開催しています。

2012年10月14日撮影 WEC初開催の富士スピードウェイで優勝したトヨタTS030 HYBRID

2019 WEC富士 観戦記 vol.1 WECにヤマケン登場!トヨタ歴代ル・マンマシン豪華展示!

当然国内トップカテゴリーのSUPER GTスーパーフォーミュラも当然開催し、SUPER GTはシリーズで唯一春と夏の2回行われます。

8月5日撮影 2018年よりシリーズ最長の800km開催となったSUPER GTにて

静岡県在住の私も、自宅から一番近いサーキットということで、シーズン中は毎月富士スピードウェイへ観戦に行きます。

スーパーGT×DTM 特別交流戦 観戦記vol.1 歴史的ドリームレースが始まった!

2019 スーパーフォーミュラ 第4戦 富士スピードウェイ 観戦記 vol.1 〜 古豪復活の兆し 予選編 〜

レース撮影初心者必見! 富士スピードウェイ撮影攻略法!

ツインリンクもてぎ

開業1997年
収容人数(ロードコース)98,122人
主要イベント(ロードコース)SUPER GT・スーパーフォーミュラ他
全長(ロードコース)4,801m

ホンダの関連会社であるモビリティランドが、鈴鹿サーキットとともに所有するサーキットです。

開業は1997年と新しく、名前からも伺い知れるとおり、スーパースピードウェイと言われる1.5マイルのオーバルコースと、ロードコースと言われる通常のサーキットがあります。

2019年8月撮影 念願叶ってホンダコレクションホールに訪れた時に撮影

オーバルコースは日本で唯一ツインリンクもてぎにしか無く、親会社であるホンダが参戦していたインディカーシリーズを招致するために造られ、実際2003年から2011年まで『インディジャパン300』が行われていました。※2011年はロードコースにて開催

しかし2011年に起きた東日本大震災により、オーバルコースに甚大な被害が生じたため現在は使われていません。※2017年に大幅な修復が行われた

ロードコースは近代サーキットらしく、直線をタイトコーナーで繋げたいわゆるストップアンドゴーサーキットで、私個人的には見ていてあまり面白いレイアウトではないと思います。(コラぴぴ! 行ったことないのに生意気言うな!)

写真正面がロードコースのグリッド、左側がオーバルコースのグリッド

またオーバルコースとロードコースは接続されて無く、何でインディアナポリスのようにホームストレートやピットガレージを共用にしなかったのか、全くもって意味がわかりません。(テメェ!重ね重ね失礼極まりないぞ!)

ただね、どうしても一度行ってみたいんです。

それはね、敷地内にあるホンダコレクションホールを見学してみたいんです。

ここには、F1をはじめとするホンダのレーシングマシンや、ホンダエンジン搭載車が、動態保存されているんです!!

勿論走行シーンはまず見れないと思いますが、ドンガラではなくホンモノがあるんです!

門外不出と言われ、F1マシンの中古市場でも全くと言って出回っていない、マクラーレンのMP4シリーズも・・・。

F1マシンの購入をお考えの方必見! 中古F1マシンの相場を公開します!!

ここを見学するだけでも、ツインリンクもてぎに出掛ける価値は十分にあると思います。

【追記】2019年8月、念願叶ってホンダコレクションホールに行ってきましたが、そこはまさにF1ファンにとって天国のような場所でした!

ホンダコレクションホールで日本モータースポーツの宝を見てきた!【ホンダF1第1期編】

次のページでは、スポーツランドSUGO・岡山国際サーキット・オートポリスを紹介します。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

15人の購読者に加わりましょう

関連記事

よかったらSNSでシェアお願いします!




サーキットでの興奮をあなたに伝えたい
MOTORSPORT観戦記

サーキットは非日常を味わえる特別な空間です。そんな素晴らしいモータースポーツの世界を、ひとりでも多くの方に伝えたい・・・。そんな思いでMOTORSPORT観戦記と題し、記事に認めました。







奥が深いモータースポーツ撮影の世界
MOTORSPORT撮影術

モータースポーツ撮影歴18年。腕に覚えは全く無いが、知識だけは豊富なワタクシぴぴが、レース撮影について偉そうに解説します。




2 件のコメント

    • Vdapさん、コメントありがとうございます。

      Vdapさんが仰るとおり、十勝スピードウェイはFIA公認サーキットですよね。

      ただし今回は冒頭で『現在F1・スーパーGT・スーパーフォーミュラを開催している日本のサーキットのなかで』と、断りを入れさせていただきましたので、十勝スピードウェイは除外させて頂きました。

      本来であれば、十勝スピードウェイも入れるべきだったかもしれませんね!

  • コメントを残す

    ABOUT US

    アバター
    モータースポーツをこよなく愛す、セナプロ世代の四十代。 サーキット観戦デビューは、1996年フォーミュラニッポン第7戦の富士スピードウェイ。ど迫力のエキゾーストノートとタイヤの焼ける匂いを実感し、それまでテレビでしか観戦してこなかった事を悔やむ。以降、F1・WEC・スーパーGT・スーパーフォーミュラなどを富士スピードウェイ・鈴鹿サーキットを中心に多数観戦する。 一眼レフデビューは2001年頃、CANON EOS7(フィルム機)。腕に覚えは全くないが、年数だけはそこそこ長い。 【一眼レフ遍歴】 CANON EOS 7 → CANON EOS kiss N → CANON EOS 60D → CANON EOS 7D MarkⅡ → CANON EOS 5D MarkⅣ & SONY α7R Ⅲ 【所有カメラ】 CANON EOS 5D MarkⅣ SONY α7R Ⅲ SONYサイバーショット DSC-RX1R 【所有レンズ】 CANON EF100mm-400mm f/4.5-5.6L IS Ⅱ USM CANON EF70-200mm f/2.8L IS Ⅱ USM CANON EF24mm-70mm f/4L IS USM CANON EF50mm f/1.2L USM CANON EF85mm f/1.4L IS USM SONY FE24-105mm F4 G OSS