全国で6箇所だけ! 日本のFIA公認サーキット紹介

こんにちは、モータースポーツ中毒者のぴぴと申します。

今日は日本のサーキットについてのお話しです。

はじめに

ホンダの創業者本田宗一郎氏の、

「俺はレースをするところが欲しいんだ。クルマはレースをやらなくては良くならない。」

という言葉で、日本に初の本格的レーシングサーキットである鈴鹿サーキットが造られることとなりました。

その鈴鹿サーキットで、我が国のモータースポーツが本格的に行われるようになってから半世紀以上が経ち、その間モータースポーツ文化の成長?と第二次F1ブームの到来とともに、各地に多くのサーキットが建設されました。

そこで今回はF1・SUPER GT・スーパーフォーミュラなどが行われる、日本のサーキットのなかで、FIA(国際自動車連盟)の公認を受けているサーキットを紹介していきたいと思います。

鈴鹿サーキット

開業1962年
収容人数161,000人
主要イベントF1・SUPER GT・スーパーフォーミュラ他
全長5,807m

三重県鈴鹿市に位置する、日本が世界に誇るサーキットで、ホンダの関連会社によって運営されています。

冒頭でも書きましたが、日本における本格的なサーキットの第1号で、1963年の第一回日本グランプリから始まり日本のモータースポーツは鈴鹿サーキットとともに歩んできたと行っても過言ではありません。

毎年1987年より現在までF1日本グランプリを開催し20072008年は非開催)、F1ファンの間では『鈴鹿詣で』と言われ多くの観客で賑わいます。

2016年11月20日撮影 鈴鹿で行われた1989年日本GPで優勝したベネトンB189

勿論私もF1観戦のために、毎年10月は『鈴鹿詣で』を行なっていました。

9年ぶりにF1日本GPチケット購入 17年前初めて行ったF1日本GPで見た『生きたF1』の衝撃

2018年7月25日

私がF1とならび、鈴鹿サーキットで楽しみにしているイベントの一つが、毎年秋に開催される『SUZUKA Sound of ENGINE』です。

国内外から集められたF1やCカーをはじめとする懐かしのレジェンドマシンが、鈴鹿サーキットで蘇る素晴らしいイベントです。

このイベントが開催されるのも、鈴鹿サーキットが長くモータースポーツ文化に寄与したからこそ実現できたものだと考えます。

2017年11月19日撮影 SUZUKA Sound of ENGINE 2017では懐かしのF1マシンがレースをする姿を見せてくれた

SUZUKA Sound of ENGINE 2018 観戦記 vol.1  〜 もう一つのF1グランプリがやってきた! 〜

2018年11月23日

SUZUKA Sound of ENGINE 2017 観戦記

2017年11月23日

富士スピードウェイ

開業1966年
収容人数110,000人
主要イベントWEC(世界耐久選手権)・SUPER GT・スーパーフォーミュラ他
全長4,563m

静岡県の東部、小山町にあるサーキットで、現在はトヨタグループが所有し、西の鈴鹿・東の富士と言われ日本の2大サーキットとして有名です。

コースの特徴は、全長1.5kmにも及ぶ国内一長いホームストレートで、スリップストリームを使ったオーバーテイク合戦が見ものです。

富士スピードウェイといえば、1976年に日本で初めてF1を開催したサーキットとして有名で、ジェームス・ハントやニキ・ラウダ、ジョディ・シェクターの6輪ティレルが活躍し、第一次F1ブームを巻き起こしました。

1/43 ティレル P34 (1977) ミニカーコレクションvol.3

2018年6月11日

富士スピードウェイ50周年記念イベント FUJI WONDERLAND FES!

2017年3月13日

F1開催は不慮の事故により1977年に一旦終焉を迎えますが、トヨタグループに所属した後、2007年に再度行われましたが、トヨタのF1活動終了とともに2008年を最後に終了しました。

現在F1に変わる世界選手権として、親会社のトヨタが参戦するWEC(世界耐久選手権)を2012年より開催しています。

2012年10月14日撮影 WEC初開催の富士スピードウェイで優勝したトヨタTS030 HYBRID

2017 WEC富士 観戦記 前編

2017年10月16日

当然国内トップカテゴリーのSUPER GTスーパーフォーミュラも当然開催し、SUPER GTはシリーズで唯一春と夏の2回行われます。

8月5日撮影 2018年よりシリーズ最長の800km開催となったSUPER GTにて

静岡県在住の私も、自宅から一番近いサーキットということで、シーズン中は毎月富士スピードウェイへ観戦に行きます。

2018 スーパーGT 第2戦 富士スピードウェイ 観戦記 vol.1 予選編

2018年5月5日

2018 スーパーGT 第5戦 富士スピードウェイ 観戦記 vol.1

2018年8月10日

レース撮影初心者必見! 富士スピードウェイ撮影攻略法!

2018年4月22日

ツインリンクもてぎ

開業1997年
収容人数(ロードコース)98,122人
主要イベント(ロードコース)SUPER GT・スーパーフォーミュラ他
全長(ロードコース)4,801m

ホンダの関連会社であるモビリティランドが、鈴鹿サーキットとともに所有するサーキットです。

開業は1997年と新しく、名前からも伺い知れるとおり、スーパースピードウェイと言われる1.5マイルのオーバルコースと、ロードコースと言われる通常のサーキットがあります。

2019年8月撮影 念願叶ってホンダコレクションホールに訪れた時に撮影

オーバルコースは日本で唯一ツインリンクもてぎにしか無く、親会社であるホンダが参戦していたインディカーシリーズを招致するために造られ、実際2003年から2011年まで『インディジャパン300』が行われていました。※2011年はロードコースにて開催

しかし2011年に起きた東日本大震災により、オーバルコースに甚大な被害が生じたため現在は使われていません。※2017年に大幅な修復が行われた

ロードコースは近代サーキットらしく、直線をタイトコーナーで繋げたいわゆるストップアンドゴーサーキットで、私個人的には見ていてあまり面白いレイアウトではないと思います。(コラぴぴ! 行ったことないのに生意気言うな!)

写真正面がロードコースのグリッド、左側がオーバルコースのグリッド

またオーバルコースとロードコースは接続されて無く、何でインディアナポリスのようにホームストレートやピットガレージを共用にしなかったのか、全くもって意味がわかりません。(テメェ!重ね重ね失礼極まりないぞ!)

ただね、どうしても一度行ってみたいんです。

それはね、敷地内にあるホンダコレクションホールを見学してみたいんです。

ここには、F1をはじめとするホンダのレーシングマシンや、ホンダエンジン搭載車が、動態保存されているんです!!

勿論走行シーンはまず見れないと思いますが、ドンガラではなくホンモノがあるんです!

門外不出と言われ、F1マシンの中古市場でも全くと言って出回っていない、マクラーレンのMP4シリーズも・・・。

F1マシンの購入をお考えの方必見! 中古F1マシンの相場を公開します!!

2018年5月20日

ここを見学するだけでも、ツインリンクもてぎに出掛ける価値は十分にあると思います。

【追記】2019年8月、念願叶ってホンダコレクションホールに行ってきましたが、そこはまさにF1ファンにとって天国のような場所でした!

ホンダコレクションホールで日本モータースポーツの宝を見てきた!【ホンダF1第1期編】

2019年9月1日

スポーツランドSUGO

開業1975年
収容人数50,000人
主要イベントSUPER GT・スーパーフォーミュラ他
全長3,737m

宮城県にあるサーキットで、ヤマハの関連会社が所有しています。

最近まで同じ宮城県に、SUPER GTの前身である全日本GT選手権なども開催された、仙台ハイランドレースウェイというサーキットがありましたが現在は閉鎖され、スポーツランドSUGOは東北で唯一のFIA公認サーキットです。※仙台ハイランドレースウェイはFIA公認ではなかったと思われる

SUGO名物ホームストレートの10%勾配

最終コーナーからホームストレートの途中まで10%という強烈な上り坂が特徴で、私も初めてテレビで見た時には1コーナーからホームストレートを映し出す映像を見て、ストレートの半分から先が全く見えずホントに驚きました。

また、元々はヤマハのオートバイ用テストコースだったためか、それとも丘陵地を切り開いて造ったためか、コース幅が狭く追い抜きが難しく、ランオフエリアも非常に狭いのも特徴です。

SUGOには魔物が棲むと言われ、考えられない事例が発生することも多く、変わったコース特性とも合間って私も毎回楽しみな一戦です。

2019 スーパーGT公式テスト スポーツランドSUGO 観戦記 〜 初めてのSUGOは驚きの連続だった 〜

2019年8月29日

岡山国際サーキット

開業1990年
収容人数   –
主要イベントSUPER GT・スーパーフォーミュラ他
全長3,703m

岡山国際サーキットは、第二次F1ブームとバブル景気を背景に1990年にTIサーキット英田としてオープンしました。

四十代以上なら覚えている方もいるかと思いますが、TIサーキット英田はF1パシフィックGPを1994・1995年と2度開催し、1994年のレースでは次戦サンマリノで亡くなったアイルトン・セナが最後に日本で戦ったレースとなりました。

1995年のレースは阪神・淡路大震災の影響で、4月から10月開催に急遽変更され、鈴鹿サーキットで行われる日本GPの前週の開催になり、その影響から観客動員が思いの外伸びず、翌年以降は開催されませんでした。

その後、親会社が民事再生法の適用を申請、TIサーキット英田も会社更生法の適用を申請しました。

親会社が何度か変わり、名前も岡山国際サーキットに変更、途切れていたビッグイベントも近年ではSUPER GTやスーパーフォーミュラなどが再び開催されるようになり、開業から知っている私としてもこの復活は大変嬉しく思います。

2018年スーパーGT開幕! ジェンソンバトン開幕戦から表彰台獲得!

2018年4月9日

ちなみにTIサーキット英田の『TI』とは、親会社タナカインターナショナルのイニシャル『Tanaka International』です。

オートポリス

開業1990年
収容人数   –
主要イベントSUPER GT・スーパーフォーミュラ他
全長4,674m

大分県にあるサーキットで、オートバイメーカーの川崎重工が所有し、九州では唯一となるFIA公認サーキットです。

岡山国際サーキットの前身TIサーキット英田と同じく、バブル景気と第二次F1ブームとともに1990年に開業しました。

開業時は様々な雑誌で取り上げられ、F1レース開催を目指し当時のF1トップチームの一角であったベネトンチームの大規模スポンサーをつとめ、マシンに大きく『AUTOPOLIS』の文字が書かれていたのを、私もよく覚えています。

1990年ベネトンB190のミニカー サイドポンツーンやリヤウイング翼端板などにAUTOPOLISのスポンサーロゴが確認できる

1/43 ベネトン B190 ミニカーコレクションvol.5

2018年9月2日

そして1993年F1第3戦に、アジアGPとしての開催を取り付けました。

しかし、こちらもTIサーキット英田と同じくバブル崩壊とともに倒産、勿論F1開催もキャンセル、その後第三セクターにより細々と走行会やアマチュアレースを開催していました。

2005年オートバイメーカーの川崎重工が買収し、SUPER GTやスーパーフォーミュラなどの国内主要レースが開催されるまでに復活しました。

最終コーナーを取り囲むようにしてそびえ立つ、2万人収容のスタンドが特徴的で、F1開催された際の超満員の最終コーナースタンドを見てみたかったと思います。

最後に

今回は日本のFIA公認サーキットを紹介しました。

最後の2つのサーキットはバブル景気とF1ブームとともにオープンし、バブル崩壊とF1ブーム終焉とともに倒産という憂き目に遭ってしまいましたが、それでもなんとか生き残ってくれたことを嬉しく思います。

今、今回紹介した全てのサーキットが自動車メーカーや自動車部品メーカーの傘下になり、安定した経営がある程度約束され、今後日本のモータースポーツ文化の創造を担ってくれるのではないかと期待しています。

まだサーキット観戦の経験が無い方、是非一度今回紹介した中から、お近くのサーキットへ足を運んでくれたらと思います。

腹をつんざくような凄まじい爆音と、焼けるオイルや擦れるタイヤの匂い・・・ サーキット観戦はテレビで見るモータースポーツとは全く違う、非日常を味わえる素晴らしい場所です。

レース観戦50回の筆者がサーキット観戦初心者に教えたいことvol.1 チケット購入方法&モータースポーツ観戦の必需品編

2018年8月15日

レース観戦50回の筆者がサーキット観戦初心者に教えたいことvol.2 レース当日サーキットの歩き方編

2018年8月22日

最後までお読みいただきありがとうございました。

ぴぴ
クリックしていただくとワタクシぴぴ小躍りします。

モータースポーツランキング

関連記事(一部広告含む)

SNSでシェアお願いします!




サーキットでの興奮をあなたに伝えたい
MOTORSPORT観戦記

サーキットは非日常を味わえる特別な空間です。そんな素晴らしいモータースポーツの世界を、ひとりでも多くの方に伝えたい・・・。そんな思いでMOTORSPORT観戦記と題し、記事に認めました。







奥が深いモータースポーツ撮影の世界
MOTORSPORT撮影術

モータースポーツ撮影歴18年。腕に覚えは全く無いが、知識だけは豊富なワタクシぴぴが、レース撮影について偉そうに解説します。




コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

モータースポーツをこよなく愛す、セナプロ世代の四十代。 サーキット観戦デビューは、1996年フォーミュラニッポン第7戦の富士スピードウェイ。ど迫力のエキゾーストノートとタイヤの焼ける匂いを実感し、それまでテレビでしか観戦してこなかった事を悔やむ。以降、F1・WEC・スーパーGT・スーパーフォーミュラなどを富士スピードウェイ・鈴鹿サーキットを中心に多数観戦する。 一眼レフデビューは2001年頃、CANON EOS7(フィルム機)。腕に覚えは全くないが、年数だけはそこそこ長い。 【一眼レフ遍歴】 CANON EOS 7 → CANON EOS kiss N → CANON EOS 60D → CANON EOS 7D MarkⅡ → CANON EOS 5D MarkⅣ & SONY α7R Ⅲ 【所有カメラ】 CANON EOS 5D MarkⅣ SONY α7R Ⅲ SONYサイバーショット DSC-RX1R 【所有レンズ】 CANON EF100mm-400mm f/4.5-5.6L IS Ⅱ USM CANON EF70-200mm f/2.8L IS Ⅱ USM CANON EF24mm-70mm f/4L IS USM CANON EF50mm f/1.2L USM CANON EF85mm f/1.4L IS USM SONY FE24-105mm F4 G OSS