2019 F1合同テスト開幕! 初日のラップタイムにタイヤによるタイム補正をし、本当のパフォーマンスを探ってみる!




モータースポーツ中毒者のぴぴと申します。

F1ファンにとって、待ちに待った2019年シーズンの開幕に向け、スペインはバルセロナ、カタロニアサーキットにおいて、2019年マシンを使った初めての合同テストが開幕しました。

毎年この最初のテストのラップタイムで、2019年マシンの素性がわかると言われています。

そこで今回はまだ気が早いかもしれませんが、各チームのベストラップタイムにタイヤによるタイム補正をし、本当のパフォーマンスを探ってみたいと思います。

2019年F1合同テスト1日目のラップタイム表

それでは2019年F1合同テスト1日目のラップタイム表を見ていきましょう。

順位ドライバー/
チーム
タイム/
ギャップ
タイヤ周回
1S・ベッテル
フェラーリ
1:18.161

C3169
2C・サインツ
マクラーレン
1:18.558
+0.397
C4119
3R・グロージャン
ハース
1:19.159
+0.998
C365
4M・フェルスタッペン
レッドブル
1:19.426
+1.265
C3128
5K・ライコネン
アルファロメオ
1:19.462
+1.301
C3114
6D・クビアト
トロロッソ
1:19.635
+1.303
C477
7S・ペレス
レーシングポイント
1:19.944
+1.783
C330
8V・ボッタス
メルセデス
1:20.127
+1.966
C269
9L・ハミルトン
メルセデス
1:20.135
+1.974
C281
10N・ヒュルケンベルグ
ルノー
1:20.980
+2.819
C265
11D・リカルド
ルノー
1:20.983
+2.822
C244

トップタイムはセバスチャン・ベッテルで、ライバルを大きく引き離し、ライバルメルセデスを2秒近く上回り、今年はフェラーリがベストマシンなのか?

いや、そこで注目されるのがタイヤです。

タイヤコンパウンド表記の変更

ちなみに今年から、ピレリタイヤのコンパウンド表記が変わりましたのでおさらいのため表にしてみます。

20182019
スーパーハード廃止
ハードC1
ミディアムC2
ソフトC3
スーパーソフト廃止
ウルトラソフトC4
ハイパーソフトC5

フェラーリがベストラップを記録した周回で使用したタイヤはC3(旧ソフト)、メルセデスは昨年同様硬めのC2タイヤ(旧ミディアム)で周回をこなしていました。

タイヤによるラップタイム差は?

そこで疑問に思うのは、C3タイヤ(旧ソフト)とC2タイヤ(旧ミディアム)とでは、どのくらいのラップタイム差があるのでしょうか。

調べてみると、昨年のバルセロナテストでピレリのスポーティングディレクターであるマリオ・イゾラが、コンパウンドによるラップタイム差を発言をしていました。

その発言を今年のタイヤ表記に当てはめてみると、下記の表になります。

タイヤギャップタイヤ
C20.8秒C3
C31.0秒C4
C40.7〜0.8秒C5

全車C3タイヤと仮定した各チームの順位!

そしてこのタイヤによるパフォーマンスを、今回のバルセロナテストのタイムに当てはめ、全車がC3タイヤを履いたと仮定すると、以下の順位になります。

順位ドライバー/
チーム
タイム/
ギャップ
1S・ベッテル
フェラーリ
1:18.161

2R・グロージャン
ハース
1:19.159
+0.998
3V・ボッタス
メルセデス
1:19.327
+1.166
4L・ハミルトン
メルセデス
1:19.335
+1.174
5M・フェルスタッペン
レッドブル
1:19.426
+1.265
6K・ライコネン
アルファロメオ
1:19.462
+1.301
7C・サインツ
マクラーレン
1:19.558
+1.397
8S・ペレス
レーシングポイント
1:19.944
+1.783
9N・ヒュルケンベルグ
ルノー
1:20.180
+2.019
10D・リカルド
ルノー
1:20.183
+2.022
11D・クビアト
トロロッソ
1:20.635
+2.303

やはりフェラーリがトップ、2位にはフェラーリと同じパワーユニットやドライブトレイン、サスペンションを使用するハースが入りました。

ディフェンディングチャンピオンのメルセデスは、フェラーリに1秒以上届かず3・4位で、そのあとにホンダPUを載せたレッドブルが続きます。

アルファロメオは意外?に検討し6位、マクラーレンは今年もダメか?

リカルドのルノー移籍は失敗?

トロロッソまさかのしんがり・・・。

最後に

もちろんこの順位は全くの仮定です。

メルセデスは昨年同様、硬めのタイヤで一発のタイムではなく徹底的にロングディスタンスのテストしているだろうし、インストレーションチェックを入念に行っているチームもあるでしょう。

とりあえず、4日間のバルセロナテストが終了した頃に、今年のマシンのランキングが少しずつ見えてくることと思います。

今はまだ様々な予想をし、シーズン開幕を楽しみに待ちましょう。

2018 F1日本グランプリ 観戦記 vol.3 〜 写真で振り返る決勝レース 〜

2018年10月16日

2018 F1日本グランプリ 観戦記 vol.2 〜 9年の時を経てF1マシンと再会 〜

2018年10月12日

2018 F1日本グランプリ 観戦記 vol.1 〜 鈴鹿F1史を駆け抜けたあのマシンが蘇る 〜

2018年10月8日

最後までお読みいただきありがとうございました。

ぴぴ
クリックしていただくとワタクシぴぴ小躍りします。

モータースポーツランキング




SNSでシェアお願いします!




奥が深いモータースポーツ撮影の世界
MOTORSPORT撮影術

モータースポーツ撮影歴18年。腕に覚えは全く無いが、知識だけは豊富なワタクシぴぴが、レース撮影について偉そうに解説します。




コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

モータースポーツをこよなく愛す、セナプロ世代の四十代。 サーキット観戦デビューは、1996年フォーミュラニッポン第7戦の富士スピードウェイ。ど迫力のエキゾーストノートとタイヤの焼ける匂いを実感し、それまでテレビでしか観戦してこなかった事を悔やむ。以降、F1・WEC・スーパーGT・スーパーフォーミュラなどを富士スピードウェイ・鈴鹿サーキットを中心に多数観戦する。 一眼レフデビューは2001年頃、CANON EOS7(フィルム機)。腕に覚えは全くないが、年数だけはそこそこ長い。 【一眼レフ遍歴】 CANON EOS 7 → CANON EOS kiss N → CANON EOS 60D → CANON EOS 7D MarkⅡ → CANON EOS 5D MarkⅣ & SONY α7R Ⅲ 【所有カメラ】 CANON EOS 5D MarkⅣ SONY α7R Ⅲ SONYサイバーショット DSC-RX1R 【所有レンズ】 CANON EF100mm-400mm f/4.5-5.6L IS Ⅱ USM CANON EF70-200mm f/2.8L IS Ⅱ USM CANON EF24mm-70mm f/4L IS USM CANON EF50mm f/1.2L USM CANON EF85mm f/1.4L IS USM SONY FE24-105mm F4 G OSS