全日本スーパーフォーミュラ選手権 全優勝者(2013-)




2013年 全日本選手権スーパーフォーミュラ 優勝者

  サーキット 優勝 チーム
第1戦 鈴鹿サーキット 伊沢 拓也 DOCOMO TEAM DANDELION RACING
第2戦 オートポリス A・ロッテラー PETRONAS TEAM TOM’S
第3戦 富士スピードウェイ A・ロッテラー PETRONAS TEAM TOM’S
第4戦 ツインリンクもてぎ 中嶋 一貴 PETRONAS TEAM TOM’S
第5戦 インジェ・スピーディウム
第6戦 スポーツランドSUGO L・デュバル KYGNUS SUNOCO Team LeMans
第7戦 鈴鹿サーキット 山本 尚貴 TEAM 無限
中嶋 一貴 PETRONAS TEAM TOM’S
FSC 富士スピードウェイ 国本 雄資 P.mu/cerumo・INGING

2014年 全日本選手権スーパーフォーミュラ 優勝者

  サーキット 優勝 チーム
第1戦 鈴鹿サーキット L・デュバル Team KYGNUS SUNOCO SF14
第2戦 富士スピードウェイ J・P・デ・オリベイラ LENOVO TEAM IMPUL
A・ロッテラー PETRONAS TEAM TOM’S
第3戦 富士スピードウェイ 中嶋 一貴 PETRONAS TEAM TOM’S
第4戦 ツインリンクもてぎ J・P・デ・オリベイラ LENOVO TEAM IMPUL
第5戦 オートポリス A・ロッテラー PETRONAS TEAM TOM’S
第6戦 スポーツランドSUGO 野尻 智紀 DOCOMO TEAM DANDELION RACING
第7戦 鈴鹿サーキット J・P・デ・オリベイラ LENOVO TEAM IMPUL
中嶋 一貴 PETRONAS TEAM TOM’S

2015年 全日本選手権スーパーフォーミュラ 優勝者

  サーキット 優勝 チーム
第1戦 鈴鹿サーキット A・ロッテラー PETRONAS TEAM TOM’S
第2戦 岡山国際サーキット 石浦 宏明 P.MU/CERUMO・INGING
第3戦 富士スピードウェイ J・P・デ・オリベイラ LENOVO TEAM IMPUL
第4戦 ツインリンクもてぎ 石浦 宏明 P.MU/CERUMO・INGING
第5戦 オートポリス 中嶋 一貴 PETRONAS TEAM TOM’S
第6戦 スポーツランドSUGO A・ロッテラー PETRONAS TEAM TOM’S
第7戦 鈴鹿サーキット A・ロッテラー PETRONAS TEAM TOM’S
山本 尚貴 TEAM 無限

2016年 全日本スーパーフォーミュラ選手権 優勝者

  サーキット 優勝 チーム
第1戦 鈴鹿サーキット 山本 尚貴 TEAM 無限
第2戦 岡山国際サーキット 石浦 宏明 P.MU/CERUMO・INGING
第3戦 富士スピードウェイ J・P・デ・オリベイラ ITOCHU ENEX TEAM IMPUL
第4戦 ツインリンクもてぎ 関口 雄飛 ITOCHU ENEX TEAM IMPUL
第5戦 岡山国際サーキット S・バンドーン DOCOMO TEAM DANDELION RACING
国本 雄資 P.MU/CERUMO・INGING
第6戦 スポーツランドSUGO 関口 雄飛 ITOCHU ENEX TEAM IMPUL
第7戦 鈴鹿サーキット 国本 雄資 P.MU/CERUMO・INGING
S・バンドーン DOCOMO TEAM DANDELION RACING

2017年 全日本スーパーフォーミュラ選手権 優勝者

  サーキット 優勝 チーム
第1戦 鈴鹿サーキット 中嶋 一貴 VANTELIN TEAM TOM’S
第2戦 岡山国際サーキット A・ロッテラー VANTELIN TEAM TOM’S
関口 雄飛 ITOCHU ENEX TEAM IMPUL
第3戦 富士スピードウェイ 石浦 宏明 P.MU/CERUMO・INGING
第4戦 ツインリンクもてぎ P・ガスリー TEAM 無限
第5戦 オートポリス P・ガスリー TEAM 無限
第6戦 スポーツランドSUGO 関口 雄飛 ITOCHU ENEX TEAM IMPUL
第7戦 鈴鹿サーキット

2018年 全日本スーパーフォーミュラ選手権 優勝者

  サーキット 優勝 チーム
第1戦 鈴鹿サーキット 山本 尚貴 TEAM 無限
第2戦 オートポリス
第3戦 スポーツランドSUGO 山本 尚貴 TEAM 無限
第4戦 富士スピードウェイ N・キャシディ KONDO RACING
第5戦 ツインリンクもてぎ 石浦 宏明 JMS P.MU/CERUMO・INGING
第6戦 岡山国際サーキット 関口 雄飛 ITOCHU ENEX TEAM IMPUL
第7戦 鈴鹿サーキット 山本 尚貴 TEAM 無限

日本トップフォーミュラ 優勝回数ランキング (1973-2018)

2018年11月9日




SNSでシェアお願いします!




サーキットでの興奮をあなたに伝えたい
MOTORSPORT観戦記

サーキットは非日常を味わえる特別な空間です。そんな素晴らしいモータースポーツの世界を、ひとりでも多くの方に伝えたい・・・。そんな思いでMOTORSPORT観戦記と題し、記事に認めました。







奥が深いモータースポーツ撮影の世界
MOTORSPORT撮影術

モータースポーツ撮影歴18年。腕に覚えは全く無いが、知識だけは豊富なワタクシぴぴが、レース撮影について偉そうに解説します。




コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

モータースポーツをこよなく愛す、セナプロ世代の四十代。 サーキット観戦デビューは、1996年フォーミュラニッポン第7戦の富士スピードウェイ。ど迫力のエキゾーストノートとタイヤの焼ける匂いを実感し、それまでテレビでしか観戦してこなかった事を悔やむ。以降、F1・WEC・スーパーGT・スーパーフォーミュラなどを富士スピードウェイ・鈴鹿サーキットを中心に多数観戦する。 一眼レフデビューは2001年頃、CANON EOS7(フィルム機)。腕に覚えは全くないが、年数だけはそこそこ長い。 【一眼レフ遍歴】 CANON EOS 7 → CANON EOS kiss N → CANON EOS 60D → CANON EOS 7D MarkⅡ → CANON EOS 5D MarkⅣ & SONY α7R Ⅲ 【所有カメラ】 CANON EOS 5D MarkⅣ SONY α7R Ⅲ SONYサイバーショット DSC-RX1R 【所有レンズ】 CANON EF100mm-400mm f/4.5-5.6L IS Ⅱ USM CANON EF70-200mm f/2.8L IS Ⅱ USM CANON EF24mm-70mm f/4L IS USM CANON EF50mm f/1.2L USM CANON EF85mm f/1.4L IS USM SONY FE24-105mm F4 G OSS