人気記事 モータースポーツ撮影術シリーズ

【祝F1初開催】サーキット紹介『アルガルヴェサーキット』編

モータースポーツ中毒者のぴぴと申します。

新型コロナウイルスの影響で2020年のF1の日程が大幅に変更されましたが、僅かですが嬉しいこともあり、そのひとつが初めてF1を開催するサーキットが2020年シーズンラインナップに加わったことです。

そこで今回は、2020年F1初開催サーキットのひとつであるアルガルヴェサーキットについて調べてみました。

ちなみにもうひとつのF1初開催サーキットのムジェロサーキットについては、こちらで紹介していますので、よかったらご一緒にご覧ください。

【祝F1初開催】サーキット紹介『ムジェロサーキット』編

アルガルヴェサーキットデータ

場所ポルトガル
アルガルヴェ地方ポルティマオン
オープン2008年
全長4,684m
メインストレート長さ969m・幅18m
コース幅14m
コーナー数16(右9・左7)

アルガルヴェサーキットは、ポルトガルのアルガルヴェ地方ポルティマオンにあり、2008年10月に当時のレートで約244億円をかけて完成した新しいサーキットです。

コース全長はF1を開催するサーキットとしては標準的な4,684mで、メインストレートは1km近い長さです。

過去のポルトガルグランプリ

決勝Rd.サーキット勝者
19588月24日9ポルトスターリング・モス
19598月23日7モンサリオスターリング・モス
19608月14日8ポルトジャック・ブラバム
198410月21日16エストリルアラン・プロスト
19854月21日2エストリルアイルトン・セナ
19869月21日14エストリルナイジェル・マンセル
19879月20日12エストリルアラン・プロスト
19889月25日13エストリルアラン・プロスト
19899月24日13エストリルゲルハルト・ベルガー
19909月23日13エストリルナイジェル・マンセル
19919月22日13エストリルリカルド・パトレーゼ
19929月27日14エストリルナイジェル・マンセル
19939月26日14エストリルミハエル・シューマッハ
19949月25日13エストリルデイモン・ヒル
19959月24日13エストリルデビッド・クルサード
19969月22日15エストリルジャック・ヴィルヌーヴ
202010月25日12アルガルヴェ

今回のアルガルヴェでのレースは、懐かしのポルトガルグランプリという名称で開催されます。

過去には16回ポルトガルグランプリが開催されてきましたが、記憶に新しい開催は1984年からのエストリルサーキットでのレースですが、1996年を最後に途絶えていました。

2017年ごろからポルトガルグランプリ復活に向けて交渉を行っていましたが、新規開催を望む多くのライバルがあったため実現にいたりませんでしたが、2020年に新型コロナウイルスの影響からF1の開催スケジュールが見直され、ポルトガルグランプリが復活しました。

アルガルヴェサーキットの主なレースイベント

  • GP2
  • A1 GP
  • ヨーロピアンル・マンシリーズ
  • FIA GT選手権

アルガルヴェサーキットでの初めての国際格式レースは、完成翌月の2008年11月に開催されたスーパーバイク世界選手権で、翌12月にはF1のオフシーズンテストが3日間に渡り行われました。

2009年にはF1の直下カテゴリーであったGP2(現F2)が開催されます。

その他モータースポーツの国別対抗戦と銘打って行われていたA1GPやGTマシンの最高峰レースであったFIA GT選手権、ヨーロピアンルマンシリーズなど世界でも名高いレースを開催した実績があります。

アルガルヴェサーキットのコース

出典:アルガルヴェホームページより

それでは、2020年ポルトガルグランプリが開催されるアルガルヴェサーキットを、詳しく見ていきましょう。

1コーナー
出典:アルガルヴェホームページより

上のサーキット見取図の左下にあたる1コーナーは、下り坂になっていて、1km近いホームストレートからのブレーキング競争が実物になります。

ラゴスコーナー
出典:アルガルヴェホームページより

見取図左上のラゴスコーナーは、アルガルヴェサーキットで一番低速のコーナーです。

VIPタワーコーナー
出典:アルガルヴェホームページより

見取図中央に位置するVIPタワーコーナーでは下り坂のブレーキングで抜けます。

サムソンコーナー
出典:アルガルヴェホームページより
クレイグジョーンズコーナー
出典:アルガルヴェホームページより

サムソンコーナーのその先は高速左のクレイグジョーンズコーナー。

ポルティマンコーナー
出典:アルガルヴェホームページより

そしてブラインド右カーブのポルティマンコーナーです。

サグレスコーナー
出典:アルガルヴェホームページより

右に180度旋回するサグレスコーナーを抜けると、

ガルプコーナー
出典:アルガルヴェホームページより

最終コーナーは高速のガルプコーナー。

ホームストレート
出典:アルガルヴェホームページより

そしてホームストレートに戻ります。

余談ですが、私的にはアルガルヴェサーキットの最終コーナー(ガルプコーナー)からホームストレートの途中まで上っていくこのレイアウトが、スポーツランドSUGOにそっくりだと感じるのですが・・・。

もしかしてマネされた??

ということはアルガルヴェサーキットで行われるポルトガルグランプリも、魔物が出てきて大混乱になるかもしれません!?

最後に

2010年以降のF1初開催サーキットを見ていくと、2010年韓国インターナショナルサーキット、2011年ブッダインターナショナルサーキット、2012年サーキットオブジアメリカズ、2014年ソチオートドローム、2016年バクー市街地コースがF1開催サーキットとして加わりましたが、2017年以降初開催のサーキットはありませんでした。

名称サーキット
2010年韓国GP韓国インターナショナルサーキット
2011年インドGPブッダインターナショナルサーキット
2012年アメリカGPサーキットオブジアメリカズ
2014年ロシアGPソチオートドローム
2016年ヨーロッパGP
(2017年よりアゼルバイジャンGP)
バクー市街地コース
2020年ベトナムGPハノイ市街地コース 中止
2020年トスカーナGPムジェロサーキット
2020年ポルトガルGPアルガルヴェサーキット

しかし今シーズンはふたつのサーキットが初めてF1を開催することになり、理由はともあれファンにとっては嬉しい限りですね。

24年の歳月を経て復活したポルトガルグランプリ、そして当時はまだ存在すらしなかったアルガルヴェサーキットでのレースを、存分に楽しみたいと思います。

【祝F1初開催】サーキット紹介『ムジェロサーキット』編

以上、最後までご覧いただきありがとうございました。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

16人の購読者に加わりましょう

関連記事

記事がイイねと思ったらクリック!

よかったらSNSでシェアお願いします!




奥が深いモータースポーツ撮影の世界
MOTORSPORT撮影術

モータースポーツ撮影歴18年。腕に覚えは全く無いが、知識だけは豊富なワタクシぴぴが、レース撮影について偉そうに解説します。




コメントを残す

ABOUT US

アバター
モータースポーツをこよなく愛す、セナプロ世代の四十代。 サーキット観戦デビューは、1996年フォーミュラニッポン第7戦の富士スピードウェイ。ど迫力のエキゾーストノートとタイヤの焼ける匂いを実感し、それまでテレビでしか観戦してこなかった事を悔やむ。以降、F1・WEC・スーパーGT・スーパーフォーミュラなどを富士スピードウェイ・鈴鹿サーキットを中心に多数観戦する。 一眼レフデビューは2001年頃、CANON EOS7(フィルム機)。腕に覚えは全くないが、年数だけはそこそこ長い。 【一眼レフ遍歴】 CANON EOS 7 → CANON EOS kiss N → CANON EOS 60D → CANON EOS 7D MarkⅡ → CANON EOS 5D MarkⅣ & SONY α7R Ⅲ 【所有カメラ】 CANON EOS 5D MarkⅣ SONY α7R Ⅲ SONYサイバーショット DSC-RX1R 【所有レンズ】 CANON EF100mm-400mm f/4.5-5.6L IS Ⅱ USM CANON EF70-200mm f/2.8L IS Ⅱ USM CANON EF24mm-70mm f/4L IS USM CANON EF50mm f/1.2L USM CANON EF85mm f/1.4L IS USM SONY FE24-105mm F4 G OSS