【日記30】走り屋の名所日本平は一大観光地になっていた!

若き土屋圭市氏が走り込んだ碓氷峠や、頭文字Dで有名な榛名山や赤城山など、走り屋が集う場所として有名だが、当地静岡市では日本平パークウェイ、通常『ダイラ』が走り屋の名所として地元では知られている。

全国的にはどうなのだろう・・・頭文字Dで取り上げられていないところをみると、地元だけなのかな?

私も25年ほど前に極たまに走っていたことがあるが、私はクルマで峠を攻めるよりももっぱら観戦がメイン、しかもサーキットだけ。

しかし最近スズキツインを購入し、休日にはそのツインで四半世紀ぶりに走りに行っている。

その日本平パークウェイを、静岡側の下から順に登っていった写真を載せておく。

きっとなつかし〜と思う読者さんもいるかな!?

各コーナーにはすべて名前がつけられているらしいのだが、私は知りませーん。

以前は有料道路だったのだが、十数年前に無料開放され、路面が少々荒れているが、静岡市内から気軽に行けるワインディングとして、休日のドライブには最適な場所なのだ。

本来日本平パークウェイは峠道としては速度域が高い方なのだが、性能が極端に低いスズキツインではほぼ合法速度走ることができ、おじさんにはそれもまた丁度いい。

その日本平山頂には、数年前までだだっ広い駐車場があって、深夜になるとそこで大きなスキール音を鳴らしながら、多くのドライバーがドリフトの練習をしていたと記憶しているが、現在はよく整備されていて、ドリフトをできる場所はなくなっていた。

そしてその先には日本平夢テラスと称した展望台が数年前に完成し、天気のよい日はそこから、富士山や清水港、駿河湾や静岡市街などを一望できるのだ。

そこから日本平ロープウェイに乗ると、5分で久能山東照宮まで一っ飛び。

近年大きく様変わりした日本平。

訪れてみてはいかがでしょう。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

10人の購読者に加わりましょう

関連記事

よかったらSNSでシェアお願いします!




奥が深いモータースポーツ撮影の世界
MOTORSPORT撮影術

モータースポーツ撮影歴18年。腕に覚えは全く無いが、知識だけは豊富なワタクシぴぴが、レース撮影について偉そうに解説します。




コメントを残す