2020年スーパーGT GT500全ドライバー決定!全チームのラインナップ紹介

モータースポーツ中毒者のぴぴと申します。

2020年2月7日のトヨタ2020年モータースポーツ体制発表をもって、2020年のスーパーGT GT500クラスに参戦する全15チームとドライバーがすべて発表されました。

噂はされていましたが実際に名門チームルマンの撤退が発表されると残念でなりませんが、2020年より新たなトヨタ系チームとしてルーキーレーシングが参戦することになりました。

どのカテゴリーでもチームの撤退と新規加入を繰り返しながらシリーズは発展して行くのです。

今回は2020年スーパーGT GT500クラスの、全チーム・ドライバー・監督・タイヤ・メインスポンサーを紹介したいと思います。

まずはトヨタ系GT500レーシングチームから行ってみましょう!

トヨタ系レーシングチーム

2019年スーパーGT×DTM特別交流戦で公開されたGRスープラ開発車両

まずは2020年2月7日と3メーカー中もっとも遅く発表したトヨタ系チームからです。

ちなみに2019年まではレクサスLC500をベース車両に使用していた関係から、レクサス系チームとして扱われていましたが、2020年からはGRスープラをベース車両に使用することからトヨタ系チームとして復活しました。

【14】ルーキーレーシング

ルーキーレーシングのスーパー耐久車両 東京オートサロン2020にて
ドライバー大嶋和也
坪井翔
監督調査中
カーナンバー14
タイヤブリヂストン
メインスポンサーWAKO’S
昨年のシリーズ順位
(ドライバー)
2020年から参戦
昨年のシリーズ順位
(チーム)
2020年から参戦

チームルマンの撤退で、それと入れ替わりルーキーレーシングがスーパーGTにエントリーしました。

ルーキーレーシングとは?

聞き慣れないモータースポーツファンも多くいると思いますが、モリゾウことトヨタ自動車の豊田章男社長を中心チーム結成され、2019年のスーパー耐久から参戦しているルーキーレーシングと関係があると思います。

ただ昨年セルモがスーパーGT GT500クラスに2台体制で参戦するとの発表があったことから、運営はセルモが行うものとみられます。

メインスポンサーはWAKO’Sでドライバーのひとりが大嶋和也選手と、チームルマン色も残っているチームですね。

そしてもうひとりのドライバーは、昨年レーシングプロジェクトバンドウに所属していた坪井翔選手が移籍してきます。

まだまだ謎多きチームですが、詳細が分かり次第追記したいと思います。

【19】レーシングプロジェクトバンドウ

2019年スーパーGT第5戦にて
ドライバー国本雄資
宮田莉朋
監督坂東正敬
カーナンバー19
タイヤヨコハマ
メインスポンサーWedsSport
昨年のシリーズ順位
(ドライバー)
11位
昨年のシリーズ順位
(チーム)
11位

今年もトヨタ勢で唯一、ブリヂストン以外のタイヤメーカーであるヨコハマを履くレーシングプロジェクトバンドウ。

ドライバーは国本雄資選手が2018年から所属3年目のシーズンになります。

もうひとりは宮田莉朋選手で、昨年トムスから中嶋一貴選手の代役としてGT500クラスにスポット参戦をし、今年からレギュラーシートを獲得しました。

【36】トムス

2019年スーパーGT×DTM特別交流戦にて
ドライバー関口雄飛
S.フェネストラズ
監督伊藤大輔
カーナンバー36
タイヤブリヂストン
メインスポンサーau
昨年のシリーズ順位
(ドライバー)
7位
昨年のシリーズ順位
(チーム)
8位

トムス36号車は長年所属した中嶋一貴選手に代わり、今年からサッシャ・フェネストラズ選手が加入しました。

中嶋一貴選手はWECとの両立が大変だったのですかね。

そしてもうひとりは一発の速さが魅力的な関口雄飛選手がトムス3年目としてシーズンをむかえます。

近年は同じトムスの37号車に水を開けられるレースが多いトムス36号車ですが、トムスのエースナンバーは36なので、今年こそはトムスのそしてトヨタ勢のエースとして、GRスープラ初年度にチャンピオンを奪取してもらいたいものです。

【レーシングチーム紹介】第3弾 TOM`S(トムス)

2019年6月1日

【37】トムス

2019年スーパーGT×DTM特別交流戦にて
ドライバー平川亮
N.キャシディ
監督山田淳
カーナンバー37
タイヤブリヂストン
メインスポンサーKeePer
昨年のシリーズ順位
(ドライバー)
2位
昨年のシリーズ順位
(チーム)
1位

昨年はシリーズ最終戦のツインリンクもてぎまでチームルマンと死闘を繰り広げ、結果ドライバーズチャンピオンシップで2位、そしてチーム部門ではチャンピオンに輝いたトムス37号車。

今年はドライバーもタイヤもスポンサーもすべて昨年と同じ体制で2020年シーズンに挑みます。

【レーシングチーム紹介】第3弾 TOM`S(トムス)

2019年6月1日

【38】セルモ

2019年スーパーGT×DTM特別交流戦にて
ドライバー立川祐路
石浦宏明
監督立川祐路
カーナンバー38
タイヤブリヂストン
メインスポンサーZENT
昨年のシリーズ順位
(ドライバー)
4位
昨年のシリーズ順位
(チーム)
4位

昨年は第2戦の富士スピードウェイで優勝しましたが、浮き沈みの激しいシーズンだったセルモ。

今年は全日本GT選手権時代の2003年以来、2台体制(1台はルーキーレーシングとしてエントリー)として参戦します。

今年もドライバーは変わらず、立川祐路選手は1999年!からチーム所属22年目!、チームメイトは今年も石浦宏明選手が務めます。

【レーシングチーム紹介】第5弾 CERUMO(セルモ)

2019年6月26日

【39】サード

2019年スーパーGT第5戦にて
ドライバーH.コバライネン
中山雄一
監督脇阪寿一
カーナンバー39
タイヤブリヂストン
メインスポンサーDENSO
昨年のシリーズ順位
(ドライバー)
5位
昨年のシリーズ順位
(チーム)
5位

昨年はオートポリス戦で劇的な優勝を遂げたサード。

ドライバーは昨年と変わらず、チーム5年目となる元F1ドライバーのエイキ・コバライネン選手と、チーム2年目の中山雄一選手です。

今年のハイライトとしては、昨年までチームルマンの監督を務めていた脇阪寿一監督がサードに移籍してきます。

元来いぶし銀的な少々地味目のサードですが、ド派手でアピール上手な脇阪寿一監督が所属することによりどのように変化していくのか非常に楽しみです。

【レーシングチーム紹介】第8弾 SARD(サード)

2019年9月25日

次のページでは、ホンダ系GT500レーシングチームの2020年ラインナップを紹介します。

関連記事

記事がイイねと思ったらクリック!

よかったらSNSでシェアお願いします!




奥が深いモータースポーツ撮影の世界
MOTORSPORT撮影術

モータースポーツ撮影歴18年。腕に覚えは全く無いが、知識だけは豊富なワタクシぴぴが、レース撮影について偉そうに解説します。




コメントを残す