2020年スーパーGT GT500全ドライバー決定!全チームのラインナップ紹介

モータースポーツ中毒者のぴぴと申します。

2020年2月7日のトヨタ2020年モータースポーツ体制発表をもって、2020年のスーパーGT GT500クラスに参戦する全15チームとドライバーがすべて発表されました。

噂はされていましたが実際に名門チームルマンの撤退が発表されると残念でなりませんが、2020年より新たなトヨタ系チームとしてルーキーレーシングが参戦することになりました。

どのカテゴリーでもチームの撤退と新規加入を繰り返しながらシリーズは発展して行くのです。

今回は2020年スーパーGT GT500クラスの、全チーム・ドライバー・監督・タイヤ・メインスポンサーを紹介したいと思います。

それでは行ってみましょう!

トヨタ系レーシングチーム

2019年スーパーGT×DTM特別交流戦で公開されたGRスープラ開発車両

まずは2020年2月7日と3メーカー中もっとも遅く発表したトヨタ系チームからです。

ちなみに2019年まではレクサスLC500をベース車両に使用していた関係から、レクサス系チームとして扱われていましたが、2020年からはGRスープラをベース車両に使用することからトヨタ系チームとして復活しました。

【14】ルーキーレーシング

ルーキーレーシングのスーパー耐久車両 東京オートサロン2020にて
ドライバー大嶋和也
坪井翔
監督調査中
カーナンバー14
タイヤブリヂストン
メインスポンサーWAKO’S
昨年のシリーズ順位
(ドライバー)
2020年から参戦
昨年のシリーズ順位
(チーム)
2020年から参戦

チームルマンの撤退で、それと入れ替わりルーキーレーシングがスーパーGTにエントリーしました。

ルーキーレーシングとは?

聞き慣れないモータースポーツファンも多くいると思いますが、モリゾウことトヨタ自動車の豊田章男社長を中心チーム結成され、2019年のスーパー耐久から参戦しているルーキーレーシングと関係があると思います。

ただ昨年セルモがスーパーGT GT500クラスに2台体制で参戦するとの発表があったことから、運営はセルモが行うものとみられます。

メインスポンサーはWAKO’Sでドライバーのひとりが大嶋和也選手と、チームルマン色も残っているチームですね。

そしてもうひとりのドライバーは、昨年レーシングプロジェクトバンドウに所属していた坪井翔選手が移籍してきます。

まだまだ謎多きチームですが、詳細が分かり次第追記したいと思います。

【19】レーシングプロジェクトバンドウ

2019年スーパーGT第5戦にて
ドライバー国本雄資
宮田莉朋
監督坂東正敬
カーナンバー19
タイヤヨコハマ
メインスポンサーWedsSport
昨年のシリーズ順位
(ドライバー)
11位
昨年のシリーズ順位
(チーム)
11位

今年もトヨタ勢で唯一、ブリヂストン以外のタイヤメーカーであるヨコハマを履くレーシングプロジェクトバンドウ。

ドライバーは国本雄資選手が2018年から所属3年目のシーズンになります。

もうひとりは宮田莉朋選手で、昨年トムスから中嶋一貴選手の代役としてGT500クラスにスポット参戦をし、今年からレギュラーシートを獲得しました。

【36】トムス

2019年スーパーGT×DTM特別交流戦にて
ドライバー関口雄飛
S.フェネストラズ
監督伊藤大輔
カーナンバー36
タイヤブリヂストン
メインスポンサーau
昨年のシリーズ順位
(ドライバー)
7位
昨年のシリーズ順位
(チーム)
8位

トムス36号車は長年所属した中嶋一貴選手に代わり、今年からサッシャ・フェネストラズ選手が加入しました。

中嶋一貴選手はWECとの両立が大変だったのですかね。

そしてもうひとりは一発の速さが魅力的な関口雄飛選手がトムス3年目としてシーズンをむかえます。

近年は同じトムスの37号車に水を開けられるレースが多いトムス36号車ですが、トムスのエースナンバーは36なので、今年こそはトムスのそしてトヨタ勢のエースとして、GRスープラ初年度にチャンピオンを奪取してもらいたいものです。

【レーシングチーム紹介】第3弾 TOM`S(トムス)

2019年6月1日

【37】トムス

2019年スーパーGT×DTM特別交流戦にて
ドライバー平川亮
N.キャシディ
監督山田淳
カーナンバー37
タイヤブリヂストン
メインスポンサーKeePer
昨年のシリーズ順位
(ドライバー)
2位
昨年のシリーズ順位
(チーム)
1位

昨年はシリーズ最終戦のツインリンクもてぎまでチームルマンと死闘を繰り広げ、結果ドライバーズチャンピオンシップで2位、そしてチーム部門ではチャンピオンに輝いたトムス37号車。

今年はドライバーもタイヤもスポンサーもすべて昨年と同じ体制で2020年シーズンに挑みます。

【レーシングチーム紹介】第3弾 TOM`S(トムス)

2019年6月1日

【38】セルモ

2019年スーパーGT×DTM特別交流戦にて
ドライバー立川祐路
石浦宏明
監督立川祐路
カーナンバー38
タイヤブリヂストン
メインスポンサーZENT
昨年のシリーズ順位
(ドライバー)
4位
昨年のシリーズ順位
(チーム)
4位

昨年は第2戦の富士スピードウェイで優勝しましたが、浮き沈みの激しいシーズンだったセルモ。

今年は全日本GT選手権時代の2003年以来、2台体制(1台はルーキーレーシングとしてエントリー)として参戦します。

今年もドライバーは変わらず、立川祐路選手は1999年!からチーム所属22年目!、チームメイトは今年も石浦宏明選手が務めます。

【レーシングチーム紹介】第5弾 CERUMO(セルモ)

2019年6月26日

【39】サード

2019年スーパーGT第5戦にて
ドライバーH.コバライネン
中山雄一
監督脇阪寿一
カーナンバー39
タイヤブリヂストン
メインスポンサーDENSO
昨年のシリーズ順位
(ドライバー)
5位
昨年のシリーズ順位
(チーム)
5位

昨年はオートポリス戦で劇的な優勝を遂げたサード。

ドライバーは昨年と変わらず、チーム5年目となる元F1ドライバーのエイキ・コバライネン選手と、チーム2年目の中山雄一選手です。

今年のハイライトとしては、昨年までチームルマンの監督を務めていた脇阪寿一監督がサードに移籍してきます。

元来いぶし銀的な少々地味目のサードですが、ド派手でアピール上手な脇阪寿一監督が所属することによりどのように変化していくのか非常に楽しみです。

【レーシングチーム紹介】第8弾 SARD(サード)

2019年9月25日

ホンダ系レーシングチーム

2019年スーパーGT×DTM特別交流戦で公開されたFRのNSX-GT開発車両

ホンダの2020年スーパーGT体制発表は、『東京オートサロン2020』のホンダブースで行われました。

ジェンソン・バトン選手とナレイン・カーティケヤン選手の元F1ドライバーの離脱や、中嶋大祐選手の引退により2019年に比べると大きく変更したラインナップになりました。

【8】ARTA

2019年スーパーGT×DTM特別交流戦にて
ドライバー野尻智紀
福住仁嶺
監督鈴木亜久里
カーナンバー8
タイヤブリヂストン
メインスポンサーAUTOBACS
昨年のシリーズ順位
(ドライバー)
10位
昨年のシリーズ順位
(チーム)
10位

2020年のARTAは伊沢拓也選手に代わり昨年同チームのGT300クラスに所属してチャンピオンを獲得した福住仁嶺選手が昇格というカタチで加入します。

ヨーロッパでGP3やFIA-F2に参戦していた実力派の若手である福住仁嶺選手が、GT500マシンをどのように乗りこなすのか注目したいですね。

チームメイトは安定感のある野尻智紀選手がチーム所属6年目としてシーズンをむかえます。

【16】チーム無限

2019年スーパーGT×DTM特別交流戦にて
ドライバー武藤英紀
笹原右京
監督中野信治
カーナンバー16
タイヤヨコハマ
メインスポンサーRed Bull
昨年のシリーズ順位
(ドライバー)
15位
昨年のシリーズ順位
(チーム)
15位

チーム無限は武藤英紀選手がチーム所属4シーズン目になります。

そしてチームメイトには、昨年限りでレーシングドライバーを引退した中嶋大祐選手に代わり、今年から笹原右京選手が加入します。

F1で優勝するほどのエンジンを製作していた名門ブランドの無限が、(会社は当時とは違うが)昨年ドライバー選手権・チーム選手権ともに最下位とは悲しい限りです。

ぜひ今年こそは良いところを見せてもらいたいと切に願います。

【17】リアルレーシング

2019年スーパーGT×DTM特別交流戦にて
ドライバー塚越広大
B.バケット
監督金石勝智
カーナンバー17
タイヤブリヂストン
メインスポンサーKEIHIN
昨年のシリーズ順位
(ドライバー)
6位
昨年のシリーズ順位
(チーム)
7位

リアルレーシングはホンダGT500チームでは唯一昨年の体制を踏襲します。

塚越広大選手はチーム所属12年目、ベルトラン・バゲット選手は昨年につづき2年目のシーズンです。

個人的には昨年の開幕戦でチームクニミツとのトップ争いで追突し、トップを走行していたチームクニミツを押し出してしまった塚越広大選手の去就を心配していましたが、無事リアルレーシングに留まり安心しました。

【64】ナカジマレーシング

2019年スーパーGT×DTM特別交流戦にて
ドライバー伊沢拓也
大津弘樹
監督中嶋悟
カーナンバー64
タイヤダンロップ
メインスポンサーModulo
昨年のシリーズ順位
(ドライバー)
12位
昨年のシリーズ順位
(チーム)
12位

ナカジマレーシングはドライバーが2名ともに変更します。

伊沢拓也選手はARTAからの移籍、大津弘樹選手は昨年ドラゴコルセでGT300クラスに参戦し、2020年がGT500クラス初参戦となります。

昨年11月に行われたスーパーGT×DTM特別交流戦ではハンコックタイヤのワンメイクで行われ、ナカジマレーシングのナレイン・カーティケヤン選手が優勝を飾り、チーム力の高さを見せたレースとなりました。

スーパーGT×DTM 特別交流戦 観戦記vol.3 3度のインディ式スタートで大興奮のレース2

2019年12月18日

そのため、あとはダンロップタイヤ次第ということになりますが、開発能力に定評のある伊沢拓也選手が加入したことにより、ダンロップタイヤの性能が向上し少しでも上位に顔を出してくれたら、と思います。

【レーシングチーム紹介】第2弾 Nakajima Racing(ナカジマレーシング)

2019年4月28日

【100】チームクニミツ

2019年スーパーGT×DTM特別交流戦にて
ドライバー山本尚貴
牧野任祐
監督高橋国光
カーナンバー100
タイヤブリヂストン
メインスポンサーRAYBRIG
昨年のシリーズ順位
(ドライバー)
8位
昨年のシリーズ順位
(チーム)
9位

昨年まで元F1世界チャンピオンのジェンソン・バトン選手が所属し話題だったチームクニミツですが、今年そのバトン選手はスーパーGTを引退しました。

昨年のF1日本グランプリで金曜フリー走行に出走した山本尚貴選手はF1に帯同するという噂もありましたが、日本残留を決めチームクニミツ6年目、スーパーGT GT500クラスでは11年目のシーズンに挑みます。

両雄は牧野任祐選手で、昨年のナカジマレーシングからホンダのエースチームに移籍して、今年が勝負の年になると見られています。

【レーシングチーム紹介】第6弾 TEAM KUNIMITSU(チーム国光)

2019年7月17日

日産系レーシングチーム

2019年スーパーGT×DTM特別交流戦で公開された2020年型GT-R開発車両

ホンダ同様日産も『東京オートサロン2020』で2020年のスーパーGT GT500体制発表を行いました。

2019年は厳しい成績で終わりましたが、3メーカー中唯一ベース車両や駆動方式の変更が無く、継続した開発ができる2020年は期待が持てますね。

またベース車両同様ドライバーのラインナップも大きな変更が無く、話題性が無い分活躍が期待できます。

【3】NDDPレーシング

2019年スーパーGT×DTM特別交流戦にて
ドライバー平手晃平
千代勝正
監督田中利和
カーナンバー3
タイヤミシュラン
メインスポンサーCRAFT Sports
昨年のシリーズ順位
(ドライバー)
9位
昨年のシリーズ順位
(チーム)
6位

昨年日産勢で唯一勝利を手にしたのがNDDPレーシングです。

昨年トヨタから日産に電撃移籍した平手晃平選手は、その実力が認められ残留、チームメイトはNDDPレーシング参戦初年度の2018年に所属していた千代勝正選手が返り咲くカタチとなりました。

【12】チームインパル

2019年スーパーGT×DTM特別交流戦にて
ドライバー佐々木大樹
平峰一貴
監督星野一義
カーナンバー12
タイヤブリヂストン
メインスポンサーCALSONIC
昨年のシリーズ順位
(ドライバー)
13位
昨年のシリーズ順位
(チーム)
14位

佐々木大樹選手はGT500クラス7年目でチームインパルでは2018年に加入以来3年目のシーズン、平峰一貴選手はGT500クラス初シーズンになります。

星野一義監督が現役時代から長年サポートを続けてきたメインスポンサーのカルソニックが昨年マレリと経営統合し、今年は濃いブルーのマレリカラーに変更になるかもしれないと多くのファンは心配していましたが、無事カルソニックカラーでの参戦が発表されました。

【レーシングチーム紹介】第1弾 TEAM IMPUL(チームインパル)

2019年4月16日

【23】ニスモ

2019年スーパーGT第5戦にて
ドライバー松田次生
R.クインタレッリ
監督鈴木豊
カーナンバー23
タイヤミシュラン
メインスポンサーMOTUL
昨年のシリーズ順位
(ドライバー)
3位
昨年のシリーズ順位
(チーム)
3位

松田次生選手はニスモ所属9年目(2006年〜2007年・2014年〜)でGT500参戦21年目、ロニー・クインタレッリ選手はニスモ所属8年目でGT500参戦が16年目になります。

スーパーGTの中で一番の人気チームであり、唯一自動車会社の完全子会社のレーシングチームです。

しかしその人気チームは2016年以来チャンピオンから遠ざかっており、昨年は遂に1勝もあげることができませんでした。

今年は前述のとおり3メーカーで唯一ベース車両や駆動方式に変更がなく、ドライバーもさらに円熟味を増しており、今年こそはチャンピオンに返り咲きたいところです。

【レーシングチーム紹介】第4弾 NISMO(ニスモ)

2019年6月12日

【24】KONDOレーシング

2019年スーパーGT×DTM特別交流戦にて
ドライバー高星明誠
J.マーデンボロー
監督近藤真彦
カーナンバー24
タイヤヨコハマ
メインスポンサーREALIZE
昨年のシリーズ順位
(ドライバー)
14位
昨年のシリーズ順位
(チーム)
13位

2019年からドライバー変更の無かった近藤真彦監督率いるKONDOレーシング。

高星明誠選手はKONDOレーシング3年目、ヤン・マーデンボロー選手はGT500クラス4年目でKONDOレーシング2年目のシーズンです。

まとめ

ホンダ2020年体制発表 東京オートサロン2020にて
No.チームマシンドライバー
3NDDPレーシングGT-R平手晃平
千代勝正
8ARTANSX野尻智紀
福住仁嶺
12チームインパルGT-R佐々木大樹
平峰一貴
14ルーキーレーシングスープラ大嶋和也
坪井翔
16チーム無限NSX武藤英紀
笹原右京
17リアルレーシングNSX塚越広大
B.バゲット
19レーシングプロジェクトバンドウスープラ国本雄資
宮田莉朋
23ニスモGT-R松田次生
R.クインタレッリ
24KONDOレーシングGT-R高星明誠
J.マーデンボロー
36トムススープラ関口雄飛
S.フェネストラズ
37トムススープラ平川亮
N.キャシディ
38セルモスープラ立川祐路
石浦宏明
39サードスープラH.コバライネン
中山雄一
64ナカジマレーシングNSX伊沢拓也
大津弘樹
100チームクニミツNSX山本尚貴
牧野任祐

上の表が2020年のスーパーGT GT500クラスの全ラインナップで、黒文字は残留青文字は移籍赤文字はGT500初参戦を表しています。

個人的に2020年は移籍した大嶋和也選手、牧野任祐選手、伊沢拓也選手の3名のドライバーに注目します。

昨年のチャンピオンドライバーである大嶋和也選手はチーム撤退の憂き目に遭いましたが、ドライバーは1度タイトルを獲得するとシーズンを見据えての走りができ更なる高みに到達すると言われているので、移籍した新規チーム(実態はセルモ)でどのような活躍を見せてくれるのか楽しみですね。

あと下のYouTube動画をご覧頂ければわかりますが、物怖じせずに強気の言葉をガンガン言う牧野任祐選手も楽しみです。

東京オートサロンでのチームクニミツのトークショー

※いつも楽しいモータースポーツトークショーをアップしてくれるTwitterフォロワー様の『ながさん』。モータースポーツファンならぜひ登録を!

昨年はナカジマレーシングで悔しい思いもしたでしょうが、ホンダのエースチームへ昇格し、上位でガンガンレースをしてその強気の発言に磨きがかかれば、と個人的に楽しみにしています。

3人目の注目は伊沢拓也選手とナカジマレーシングです。

ホンダのエースチームであるARTAやチームクニミツを渡り歩いたベテランですが、今年からその開発能力が買われてナカジマレーシングに移籍します。

ぜひダンロップタイヤの競争力を上げてもらい、全日本GT選手権の頃のあの強かったナカジマレーシングをまた見せてもらいたいと、F1ブーム世代の私は切に願います。

その他、復活するスープラやFRになったNSXなど注目度満載の2020年のスーパーGT!

GTファン
おいぴぴ!
締めようとしてるみたいだけど、日産の注目ポイントが何にも書かれていないぞ!
ぴぴ
いや、日産は安定を選んだのです!
GTファン
・・・。
ぴぴ
継続こそが力なり!
GTファン
語彙力0
ぴぴ
ッゴホンッ!

4月の岡山国際サーキットでの開幕が楽しみでなりません!

以上、今回は2020年スーパーGT GT500クラスの全ラインナップを紹介しました。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

関連記事

記事がイイねと思ったらクリック!

SNSでシェアお願いします!




奥が深いモータースポーツ撮影の世界
MOTORSPORT撮影術

モータースポーツ撮影歴18年。腕に覚えは全く無いが、知識だけは豊富なワタクシぴぴが、レース撮影について偉そうに解説します。




コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

モータースポーツをこよなく愛す、セナプロ世代の四十代。 サーキット観戦デビューは、1996年フォーミュラニッポン第7戦の富士スピードウェイ。ど迫力のエキゾーストノートとタイヤの焼ける匂いを実感し、それまでテレビでしか観戦してこなかった事を悔やむ。以降、F1・WEC・スーパーGT・スーパーフォーミュラなどを富士スピードウェイ・鈴鹿サーキットを中心に多数観戦する。 一眼レフデビューは2001年頃、CANON EOS7(フィルム機)。腕に覚えは全くないが、年数だけはそこそこ長い。 【一眼レフ遍歴】 CANON EOS 7 → CANON EOS kiss N → CANON EOS 60D → CANON EOS 7D MarkⅡ → CANON EOS 5D MarkⅣ & SONY α7R Ⅲ 【所有カメラ】 CANON EOS 5D MarkⅣ SONY α7R Ⅲ SONYサイバーショット DSC-RX1R 【所有レンズ】 CANON EF100mm-400mm f/4.5-5.6L IS Ⅱ USM CANON EF70-200mm f/2.8L IS Ⅱ USM CANON EF24mm-70mm f/4L IS USM CANON EF50mm f/1.2L USM CANON EF85mm f/1.4L IS USM SONY FE24-105mm F4 G OSS