【エンジン比較】F1からF4までフォーミュラ全20シリーズのエンジン詳細を徹底比較!

モータースポーツ中毒者のぴぴと申します。

世界中で展開するフォーミュラシリーズですが、それぞれのシリーズはどんなエンジンを搭載しているのでしょうか。

そこで今回は、スーパーライセンスポイントが獲得できる20の主要フォーミュラシリーズの、供給メーカーや排気量、過給機の有り無しなどを調べてみました。

それでは上位カテゴリーから順に見ていきましょう。

カテゴリー別エンジン詳細

2019年F1日本GPにて

F1

エンジン(PU)供給メーカーエンジン形式
メルセデス
フェラーリ
ホンダ
ルノー
1,600cc
V型6気筒直噴
シングルターボ
+
MGU-K MGU-H

F1は2020年現在メルセデス・フェラーリ・ホンダ・ルノーの4メーカーがエンジンを供給しています。

V型6気筒直噴1,600ccエンジンにプラスして、MGU-KとMGU-Hが装着されるハイブリッドパワーユニットです。

FIA F2

エンジン(PU)供給メーカーエンジン形式
メカクローム3,400cc
V型6気筒
シングルターボ

GP2を引き継ぐカタチで2017年に始まったFIA F2は、かつてF1のウィリアムズにもエンジンを供給したメカクロームが、V型6気筒3,400ccシングルターボを供給しています。

FIA F2はさまざまな自動車メーカーの支援を受けたドライバーが参戦します。

そのため特定自動車メーカーのエンジンを採用してしまうと、ライバルメーカーの支援を受けたドライバーは参戦しませんよね。

なので独立したレーシングエンジンメーカーのメカクロームの採用は、さまざまな自動車メーカー系ドライバーを参戦させるのには理にかなっています。

インディカーシリーズ

エンジン(PU)供給メーカーエンジン形式
シボレー
ホンダ
2,200cc
6気筒直噴
ツインターボ

インディカーシリーズは2,200cc 6気筒直噴ツインターボエンジンを、ホンダとシボレーが供給します。

ホンダは自社で開発しますが、シボレーの開発はイルモアが請け負っています。

FIA F3

エンジン(PU)供給メーカーエンジン形式
メカクローム3,400cc
V型6気筒
自然吸気

GP3を引き継いで始まったFIA F3は、メカクロームの自然吸気V型6気筒3,400ccのエンジンが搭載されています。

旧規格のF3は2,000cc自然吸気エンジンでしたが、FIAのF3再編で以前のF3とは比べ物にならないほどのパワーを備えたエンジンに代わりました。

スーパーフォーミュラ

エンジン(PU)供給メーカーエンジン形式
トヨタ
ホンダ
2,000cc
直列4気筒直噴
ターボ

日本のトップフォーミュラであるスーパーフォーミュラは、人気のスーパーGTと基本設計が共通の2,000cc直列4気筒の直噴ターボを使用し、トヨタ(RI4A)とホンダ(HR-414E)のマルチメイクです。

このエンジンはNRE(Nippon Race Engine)と呼ばれています。

2019年スーパーフォーミュラ第4戦にて

フォーミュラリージョナルヨーロッパアジア・ジャパン

エンジン(PU)供給メーカーエンジン形式
アルファロメオ1,750cc
直列4気筒
ターボ

F3再編で生まれたフォーミュラリージョナルヨーロッパ・アジア・ジャパンは、アルファロメオ製の1,750cc直列4気筒インタークーラーターボエンジンで270馬力を発生させ、25,500ユーロで購入できます。

フォーミュラリージョナルアメリカ

エンジン(PU)供給メーカーエンジン形式
ホンダ2,000cc
直列4気筒
自然吸気

北米で展開するフォーミュラリージョナルアメリカは、他のフォーミュラリージョナルシリーズと異なり、ホンダ製の直列4気筒2,000ccエンジンを使用します。

インディライツ

エンジン(PU)供給メーカーエンジン形式
マツダ2,000cc
ターボ

インディライツのエンジンは、アドバンスドエンジンリサーチが開発しマツダのバッジネームが付きます。

排気量2,000ccにターボが付き、約450馬力を発生するエンジンです。

Wシリーズ

エンジン(PU)供給メーカーエンジン形式
アルファロメオ1,750cc
直列4気筒
ターボ

女性専用のWシリーズは、フォーミュラリージョナルシリーズと同様のアルファロメオ製1,750cc直列4気筒ターボエンジンを使用します。

Wシリーズに挑戦する小山美姫選手

フォーミュラルノーユーロカップ

エンジン(PU)供給メーカーエンジン形式
ルノー2,000cc
直列4気筒
自然吸気

各地域で展開されるフォーミュラルノーの最上級シリーズであるフォーミュラルノーユーロカップは、当然ルノー製エンジンを使用し、190馬力を発生する2,000ccエンジンが搭載されています。

ユーロフォーミュラオープン

エンジン(PU)供給メーカーエンジン形式
メルセデス
フォルクスワーゲン
トヨタ
2,000cc
直列4気筒
自然吸気

ユーロフォーミュラオープンは旧F3の2,000cc自然吸気エンジンを搭載します。

スーパーフォーミュラライツ

エンジン(PU)供給メーカーエンジン形式
トヨタ-トムス
戸田レーシング
メルセデス
2,000cc
直列4気筒
自然吸気

全日本F3を引き継ぎ、2020年から始まる日本のスーパーフォーミュラライツ。

エンジンは2018年のF3規定に準じた2,000cc直列4気筒自然吸気で、トムス(トヨタ)・戸田レーシング・メルセデスなどのマルチメイクになります。

FIA F4(日本)

エンジン(PU)供給メーカーエンジン形式
トムス2,000cc
直列4気筒
自然吸気

量産車用2,000cc直列4気筒を改造したもので、最高価格220万円とレギュレーションで決められており、馬力は140〜160馬力です。

日本のFIA F4マシン

イタリアF4

エンジン(PU)供給メーカーエンジン形式
アバルト1,400cc
ターボ

アバルト製1,400ccターボエンジンです。

イギリスF4

エンジン(PU)供給メーカーエンジン形式
フォード1,600cc
自然吸気

フォード製1,600ccエンジン。

ADAC F4(ドイツ)

エンジン(PU)供給メーカーエンジン形式
アバルト1,400cc
ターボ

イタリアF4と同じく、アバルト製1,400ccターボエンジンを搭載します。

中国F4

エンジン(PU)供給メーカーエンジン形式
吉利汽車2,000cc
ターボ

中国の大手自動車メーカーの吉利汽車製の2,000ccターボエンジンです。

トヨタレーシングシリーズ

エンジン(PU)供給メーカーエンジン形式
トヨタ2,000cc
ターボ

ニュージーランドのトヨタレーシングシリーズは、2020年からトヨタ製の2,000ccターボエンジンを搭載し、270馬力を発生します。

フォーミュラ全20シリーズの搭載エンジン一覧

日本のFIA F4マシン
カテゴリーエンジン(PU)
供給メーカー
エンジン形式
F1メルセデス
フェラーリ
ホンダ
ルノー
1,600cc
V型6気筒直噴
シングルターボ
+
MGU-K MGU-H
FIA F2メカクローム3,400cc
V型6気筒
シングルターボ
インディカーシボレー
ホンダ
2,200cc
6気筒直噴
ツインターボ
FIA F3メカクローム3,400cc
V型6気筒
自然吸気
フォーミュラリージョナル
ヨーロッパ
アルファロメオ1,750cc
直列4気筒
ターボ
スーパーフォーミュラトヨタ
ホンダ
2,000cc
直列4気筒直噴
ターボ
フォーミュラリージョナル
アジア
アルファロメオ1,750cc
直列4気筒
ターボ
フォーミュラリージョナル
アメリカ
ホンダ2,000cc
直列4気筒
自然吸気
フォーミュラリージョナル
ジャパン
アルファロメオ1,750cc
直列4気筒
ターボ
インディライツマツダ2,000cc
ターボ
Wシリーズアルファロメオ1,750cc
直列4気筒
ターボ
フォーミュラルノー
ユーロカップ
ルノー2,000cc
直列4気筒
自然吸気
ユーロフォーミュラ
オープン
メルセデス
フォルクスワーゲン
トヨタ
2,000cc
直列4気筒
自然吸気
スーパーフォーミュラ
ライツ
トヨタ-トムス
戸田レーシング
メルセデス
2,000cc
直列4気筒
自然吸気
FIA F4
(日本)
トムス2,000cc
直列4気筒
自然吸気
イタリアF4アバルト1,400cc
ターボ
イギリスF4フォード1,600cc
自然吸気
ADAC F4
(ドイツ)
アバルト1,400cc
ターボ
中国F4吉利汽車2,000cc
ターボ
トヨタレーシングシリーズトヨタ2,000cc
ターボ

最後に

2019年F1日本GPにて

スーパーライセンスポイントが与えられる主要フォーミュラシリーズは、近年ターボが搭載されているエンジンが多くなり、今回の全20シリーズ中で13のシリーズがターボ付きでした。

比較的安価で大きなパワーを発生させることができるターボユニットは、技術の進化とともにデメリットであるターボラグの発生も抑えられ、フォーミュラレースでも多くのシリーズで搭載されていることがわかりました。

その反面大排気量のエンジンは姿を消しつつあり、FIA F2とFIA F3の3,400ccが最大で、F1に至ってはモーターが搭載されるハイブリッドとはいえ1,600ccというジュニアフォーミュラ並みの小排気量エンジンなんですね。

どおりであのショボい音(失礼っ!)なのもうなずけます・・・。

ホンダコレクションホールにて

私的には2000年代、3,000cc V型10気筒自然吸気の2万回転のけたたましい爆音が大好きなんですが・・・もうあの頃には戻れませんね。

以上、今回はフォーミュラ全20シリーズのエンジンを調べてみました。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

関連記事

よかったらSNSでシェアお願いします!




サーキットでの興奮をあなたに伝えたい
MOTORSPORT観戦記

サーキットは非日常を味わえる特別な空間です。そんな素晴らしいモータースポーツの世界を、ひとりでも多くの方に伝えたい・・・。そんな思いでMOTORSPORT観戦記と題し、記事に認めました。







奥が深いモータースポーツ撮影の世界
MOTORSPORT撮影術

モータースポーツ撮影歴18年。腕に覚えは全く無いが、知識だけは豊富なワタクシぴぴが、レース撮影について偉そうに解説します。




コメントを残す