人気記事 モータースポーツ撮影術シリーズ

東京モーターショー2017

はじめに

東京ビッグサイトへ、東京モーターショーに行ってきました。

以前行ったのはもう十数年前で、当時は幕張メッセで行われていたと記憶している。

初めてのビッグサイトということで、ナビに翻弄され道に迷いながらも、なんとかたどり着いた。

新幹線を使えばよかったと少々後悔。

それにしてもすごい人だ、静岡ではこんな人混み見たことないです…

現に、開催期間の来場者数は静岡市の人口を余裕で上回っています…

会場入り、まずは一番奥のスズキから見ていく。

スズキ

初代ジムニーがやってきた!!

ホンダ

マツダ

メルセデスベンツ

フォルクスワーゲン

レクサス


スバル

アウディ


ポルシェ

トヨタ

最後はコンパニオンのお姉さん

記事を取得できませんでした。記事IDをご確認ください。

記事を取得できませんでした。記事IDをご確認ください。

記事を取得できませんでした。記事IDをご確認ください。

記事を取得できませんでした。記事IDをご確認ください。

記事を取得できませんでした。記事IDをご確認ください。

記事を取得できませんでした。記事IDをご確認ください。

最後に

冒頭でも書いた通り、今回は十数年ぶりの東京モーターショーであったが、各社様々なイベントがあり大変楽しめました。

昔は、各社自慢のスーパーカーやレーシングカーを展示し、有名なレーシングドライバーがトークショーを行なったりしていたが、今回はホンダがF1やスーパーフォーミュラ・インディマシンを展示していたぐらいであった。

これから自動車は、ハイブリッドから電気自動車の時代を迎えようとしている事を、日産のイベントを見て感じさせてくれた。

今回のモーターショーは、近い将来の新しい自動車のカタチを肌で感じとる事ができた。

クルマ離れが叫ばれる昨今であるが、こんなに多くの来場者で・・・ 日本の自動車会はまだまだ元気です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ぴぴ
クリックしていただくとワタクシぴぴ小躍りします。

モータースポーツランキング

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

20人の購読者に加わりましょう

関連記事

よかったらSNSでシェアお願いします!




奥が深いモータースポーツ撮影の世界
MOTORSPORT撮影術

モータースポーツ撮影歴18年。腕に覚えは全く無いが、知識だけは豊富なワタクシぴぴが、レース撮影について偉そうに解説します。




コメントを残す

ABOUT US

アバター
ぴぴ
モータースポーツをこよなく愛す、セナプロ世代の四十代。 サーキット観戦デビューは、1996年フォーミュラニッポン第7戦の富士スピードウェイ。ど迫力のエキゾーストノートとタイヤの焼ける匂いを実感し、それまでテレビでしか観戦してこなかった事を悔やむ。以降、F1・WEC・スーパーGT・スーパーフォーミュラなどを富士スピードウェイ・鈴鹿サーキットを中心に多数観戦する。 一眼レフデビューは2001年頃、CANON EOS7(フィルム機)。腕に覚えは全くないが、年数だけはそこそこ長い。 【一眼レフ遍歴】 CANON EOS 7 → CANON EOS kiss N → CANON EOS 60D → CANON EOS 7D MarkⅡ → CANON EOS 5D MarkⅣ & SONY α7R Ⅲ 【所有カメラ】 CANON EOS 5D MarkⅣ SONY α7R Ⅲ SONYサイバーショット DSC-RX1R 【所有レンズ】 CANON EF100mm-400mm f/4.5-5.6L IS Ⅱ USM CANON EF70-200mm f/2.8L IS Ⅱ USM CANON EF24mm-70mm f/4L IS USM CANON EF50mm f/1.2L USM CANON EF85mm f/1.4L IS USM SONY FE24-105mm F4 G OSS