現役F1ドライバー最強は?観戦歴30年のF1ファンが勝手にランキング

モータースポーツ中毒者のぴぴと申します。

F1は所属するチームやそのマシンによって大きく結果が左右しますが、果たして現役F1ドライバーで誰が最強なんだろう?

F1ファンの誰もが思うこの疑問。

そこで今回は、2020年のF1グランプリに参戦するF1ドライバーで誰が最強かを、F1観戦歴30年のF1ファンが勝手にランキングしてみます。

注意
今回はモータースポーツジャーナリストでもなくただのF1ファンである私が、世界で20名しかいないF1ドライバーを偉そうにも勝手にランキングしています。本文中本来尊敬するF1ドライバーに対し失礼な言い回しがありますが、今回のみお許しください。一度F1ジャーナリストみたいなことをしたかったんです・・・。

ランキングの説明

例)

総合速さ強さ実績年齢
BCBC28歳
出走優勝PPFL
132647
2019年
チームメイト比較
ぴぴぷうか
予選対決12勝10勝
決勝ポイント78ポイント63ポイント

※2019年シーズン終了時点

予選でのフレッシュタイヤでの一発の速さを『速さ』として、決勝での劣化したタイヤでの安定した走りやタイヤマネージメントなどのレース運び、バトルでの強さを『強さ』として、それを合わせて『総合』とし、S・A〜Eの6段階で表し総合ランキングとします。

ちなみに『実績』という欄を設けましたが過去の実績は評価せず、2019年現在の実力とします。

チームメイト対決の予選対決は、両ドライバーが参加した予選セッションのみを対象とします。

【第19位】アントニオ・ジョヴィナッツィ

総合速さ強さ実績年齢
EDEE26歳
出走優勝PPFL
23000
2019年
チームメイト比較
ジョヴィナッツィライコネン
予選対決9勝10勝
決勝ポイント14ポイント43ポイント

※2019年シーズン終了時点

2017年に急遽ザウバーからデビューしたジョヴィナッツィ選手は、6年ぶりのイタリア人ドライバーでした。

90年代は大勢いたイタリア人F1ドライバーですが、2020年には唯一の存在になり、ジョヴィナッツィ選手はイタリアの名門フェラーリの育成ですが、これまでのところあまり目立った成績は残せてません。

チャンピオン経験者のチームメイト、ライコネン選手を相手に予選では後半戦に盛り返し9勝10敗と善戦しましたが、決勝で29ポイントも差をつけられてしまっては・・・。

ライコネン選手ももう40歳なので、一回り以上若いジョヴィナッツィ選手はもっと頑張らなければならないと思います。

【第18位】ランス・ストロール

総合速さ強さ実績年齢
EEDD21歳
出走優勝PPFL
62000
2019年
チームメイト比較
ストロールペレス
予選対決2勝18勝
決勝ポイント21ポイント52ポイント

※2019年シーズン終了時点

ある程度富裕層が多いと言われているF1ドライバーですが、その中でもストロール選手は群を抜いての御坊茶魔です。

ただし、F1ドライバーにまで上り詰めたことからも分かるとおり、2017年のアゼルバイジャングランプリなど、時より見せる、レースをまとめ上げるチカラは目を見張るものがあります。

しかしチームメイトのペレス相手に予選では2勝18敗、シリーズポイントでは2倍以上の差をつけられてしまっては、評価を下げざるをえません。

【第17位】ジョージ・ラッセル

総合速さ強さ実績年齢
DDDE21歳
出走優勝PPFL
63000
2019年
チームメイト比較
ラッセルクビサ
予選対決21勝0勝
決勝ポイント0ポイント1ポイント

※2019年シーズン終了時点

2019年デビューの4名は総じて評価が高かったのですが、その中で直下カテゴリーであるF2でチャンピオンに輝いたのはこのラッセル選手です。

2019年はチームメイトのクビサ選手を相手に全グランプリでアウトクオリファイを達成しています。

ただし残念ながらクビサ選手は、もう昔のBMWザウバーの頃の彼ではありません。

そのためラッセル選手は今年以降、競争力のあるマシンに乗って強力なチームメイトを得た後、本当の評価が下されます。

【第16位】ロマン・グロージャン

総合速さ強さ実績年齢
DDDD33歳
出走優勝PPFL
166001
2019年
チームメイト比較
グロージャンマグヌッセン
予選対決7勝13勝
決勝ポイント8ポイント20ポイント

※2019年シーズン終了時点

2012年のデビューから速いがクラッシュするドライバーという印象があり、通常は長い経験や年齢とともに危険を回避し安定した走りができるようになるのが一般的ですが、グロージャン選手の場合F1で8シーズンを過ごした現在でも時折驚くようなクラッシュをしてしまいます。

F1ブーム世代からすると現代版チェザリスと言ったところでしょうか。

ツボにはまると速いドライバーなのですが、2019年はハースのマシンがタイヤに負担がかかる失敗作で、決勝では抜かれるシーンばかりでしたね。

【第15位】ダニール・クビアト

総合速さ強さ実績年齢
DDDD25歳
出走優勝PPFL
95001
2019年
チームメイト比較
クビアトアルボン
予選対決6勝6勝
決勝ポイント27ポイント16ポイント
2019年
チームメイト比較
クビアトガスリー
予選対決1勝8勝
決勝ポイント10ポイント32ポイント

※2019年シーズン終了時点

2019年にF1に返り咲いたクビアト選手。

デビュー時にはシンデレラボーイの如く、トロロッソからレッドブルへ上り詰めましたが、経験不足が露呈して評価を一気に下げてしまいましたね。

2019年にF1に戻ってきたクビアト選手は、予選ではチームメイトに負けることも見受けられましたが、どんな状況でも着実にゴールまでマシンを走らせる安定感がありました。

表彰式を獲得した2019年のドイツグランプリは、その最もたる例ですね。

余談ですが、青いマシンにカーナンバー26は、かつてのリジェを思い起こさせてくれます。

【第14位】エスティバン・オコン

総合速さ強さ実績年齢
DDCD23歳
出走優勝PPFL
50000

※2019年シーズン終了時点

1年の浪人の末、2020年からF1に復帰するオコン選手。

フォースインディア時代は、中堅ドライバーとして長くF1に参戦するペレス選手を相手にいつもランデブー走行をしており、周囲からも評価されていましたね。

2020年は、ペレス選手よりもさらに速さに定評があるリカルド選手がチームメイトということで、オコン選手の評価を上げる相手としては不足ありません。

メルセデスの育成ドライバーということで、今年の結果次第では、2021年よりボッタス選手に代わりメルセデスより参戦できるかもしれません。

【第13位】ケビン・マグヌッセン

総合速さ強さ実績年齢
DDCD27歳
出走優勝PPFL
103002
2019年
チームメイト比較
マグヌッセングロージャン
予選対決13勝7勝
決勝ポイント20ポイント8ポイント

※2019年シーズン終了時点

2014年、F1デビュー戦のオーストラリアグランプリでいきなり2位表彰台を獲得し、その速さを周囲に見せつけましたね。

もちろんマシンが当時トップチームの一角だったマクラーレンということもありますが、新人時代からすでに速さを持っていました。

ハースに移籍してからはチームメイトのロマン・グロージャン選手と常に同じ位置で激しいバトルを繰り広げており、2019年はハースのマシンが失敗作で他のマシンに抜かれる場面が多く見られましたが、基本的にマグヌッセン選手はレース中のバトルでの強さが印象的です。

【第12位】ピエール・ガスリー

総合速さ強さ実績年齢
DCDD23歳
出走優勝PPFL
47002
2019年
チームメイト比較
ガスリーフェルスタッペン
予選対決1勝11勝
決勝ポイント63ポイント181ポイント
2019年
チームメイト比較
ガスリークビアト
予選対決8勝1勝
決勝ポイント32ポイント10ポイント

※2019年シーズン終了時点

ピエール・ガスリー選手の2019年シーズンを見て、レーシングドライバーはマシンの相性と気持ちの入り具合によってこんなにも速さに左右されると知りました。

GP2チャンピオンでスーパーフォーミュラでも抜群の速さを見せ、F1昇格後はチームメイトに対して多くのグランプリでアウトクオリファイしており、特に2019年の後半戦にトロロッソに復帰してからはクビアト選手を相手に予選対決で8勝1負と大勝し、ブラジルグランプリの2位表彰台も最後ハミルトンを相手に競り負けずに良いレースをしました。

一発の速さは素晴らしく、今後経験とともにブラジルグランプリの時のようなレースでの強さが培われていってくれれば、素晴らしいドライバーになっていくものと思います。

【第11位】アレクサンダー・アルボン

総合速さ強さ実績年齢
DCDD23歳
出走優勝PPFL
21000
2019年
チームメイト比較
アルボンクビアト
予選対決6勝6勝
決勝ポイント16ポイント27ポイント
2019年
チームメイト比較
アルボンフェルスタッペン
予選対決1勝7勝
決勝ポイント76ポイント97ポイント

※2019年シーズン終了時点

2019年に彗星の如く現れたタイ人F1ドライバー、アレクサンダー・アルボン選手。

リカルド選手のレッドブル離脱から、玉突きで急遽トロロッソからデビューが決まり、ガスリー選手の不振から瞬く間にトップチームであるレッドブルに昇格し、まさにサクセスストーリーと言ったところです。

2019年シーズン後半戦のレッドブル昇格後は大きなミスが少なく、決勝のポイントでチームメイトのフェルスタッペン選手の97ポイントに対し76ポイントと善戦しました。

アルボン選手とガスリー選手で甲乙つけ難く、どちらをランキング上位にしようかと迷いましたが、ルーキーシーズンということを考え、アルボン選手を上位にしました。

【第10位】ランド・ノリス

総合速さ強さ実績年齢
CCDD20歳
出走優勝PPFL
21000
2019年
チームメイト比較
ノリスサインツ
予選対決10勝10勝
決勝ポイント49ポイント96ポイント

※2019年シーズン終了時点

2019年デビューの新人4名は素晴らしいシーズンを過ごしましたが、中でもランド・ノリス選手は上昇マクラーレンとともに一番メディアに露出していました。

レースではPUトラブルに泣かされることもあり、またまだ経験不足といった印象でバトルでの弱さが少しだけ気になりましたが、予選一発は素晴らしかったです。

F1界では一定の評価があるカルロス・サインツ選手相手に、デビューシーズンに予選チームメイト対決でイーブンだったことは本当に凄いと思います。

【第9位】セルジオ・ペレス

総合速さ強さ実績年齢
CCCC29歳
出走優勝PPFL
179004
2019年
チームメイト比較
ペレスストロール
予選対決18勝2勝
決勝ポイント52ポイント21ポイント

※2019年シーズン終了時点

2011年のデビューからF1で9シーズンを過ごしたペレス選手は、179戦を戦い若年化するF1ドライバーの中ではもうベテランに近い存在です。

その間中堅チームで参戦し、レース運びのうまさで時折表彰台を獲得するなど、実力者として評価されています。

当初はメキシコマネーの助けもあり2011年にF1デビューを果たしましたが、デビューシーズンはチームメイトの小林可夢偉選手を相手に差をつけられてしまいました。

小林可夢偉選手は日本のスポンサーのバックアップが無く数年後にF1参戦を断念し、ペレス選手は当初メキシコマネーでF1に参戦し、年数とともに実力が身についてきました。

そして現在ペレス選手がF1で評価されているのを見ると、可夢偉選手のF1離脱が今でも残念でなりません。

【第8位】カルロス・サインツ

総合速さ強さ実績年齢
CCBC25歳
出走優勝PPFL
102000
2019年
チームメイト比較
サインツノリス
予選対決10勝10勝
決勝ポイント96ポイント49ポイント

※2019年シーズン終了時点

父親は世界ラリー選手権で2度のチャンピオンを獲得したカルロス・サインツ選手で、自身もF1の登録では同名の名前を使用しています。

2015年、ともにルーキーイヤーのカルロス・サインツ選手とマックス・フェルスタッペン選手はトロロッソでチームメイトとなり、決勝ではポイントで破れましたが、後に評価を上げるフェルスタッペン選手を相手に予選では10勝9敗と勝ち越したことからも、非常に速いドライバーであることがわかります。

近年は速さに加え決勝での強さも加わり、2019年は上昇マクラーレンとともにチームの柱として選手権6位という好成績をあげました。

【第7位】キミ・ライコネン

総合速さ強さ実績年齢
BCAA40歳
出走優勝PPFLタイトル
3152118461
2019年
チームメイト比較
ライコネンジョヴィナッツィ
予選対決10勝9勝
決勝ポイント43ポイント14ポイント

※2019年シーズン終了時点

かつてフェラーリやマクラーレンで素晴らしいスピードとメディアに媚びない性格でファンを魅了したキミ・ライコネン選手も40歳になり、性格は幾分丸くなり以前に比べると少しだけ速さに陰りもみられます。

ただ20歳近くも離れた若者を相手に一歩も引かぬレースをし、チームメイトの若いジョビナッツィ選手を相手にポイントで大勝したのも分かるとおり、まだまだ現役バリバリのレース運びのうまさを持っています。

レース中相手とバトルをしていてもぶつけない技術は流石であり、状況が厳しい場面でもマシンをゴールまで運ぶところは、ライコネン選手ならではの抜きに出た才能だと思います。

DAZN for docomo

【第6位】バルテリ・ボッタス

総合速さ強さ実績年齢
BBBB30歳
出走優勝PPFL
14071113
2019年
チームメイト比較
ボッタスハミルトン
予選対決7勝14勝
決勝ポイント326ポイント413ポイント

※2019年シーズン終了時点

2016年シーズン終了後、常勝軍団メルセデスはその年チャンピオンを獲得したニコ・ロズベルグ選手が突然引退し、急遽後任としてバルテリ・ボッタス選手がメルセデスに加入し、それから彼のF1人生は大きく花開きました。

その前に在籍していたウィリアムズが翌年から大きく失速をしたため、ボッタス選手としては本当に良いタイミングで移籍したと思います。

メルセデスは基本的にジョイントナンバーワンですが、チームメイトのハミルトン選手の前で、クリーンなナンバー2ドライバーといったところですが、ロズベルグ選手が果敢にハミルトン選手とバトルしていた姿を見ていたからか、ボッタス選手の活躍は少しだけ物足りない感があります。

ただし、ハミルトン選手が不調なときにしっかり上位に顔を出すあたりは流石ですね。

【第5位】ダニエル・リカルド

総合速さ強さ実績年齢
BABB30歳
出走優勝PPFL
1717313
2019年
チームメイト比較
リカルドヒュルケンベルグ
予選対決14勝7勝
決勝ポイント54ポイント37ポイント

※2019年シーズン終了時点

以前2019年のF1ドライバー年俸ランキングの記事を書きましたが、全F1ドライバー中第3位に入ったのがダニエル・リカルド選手です。

リカルド選手はレッドブル時代にチームメイトのフェルスタッペン選手と互角に戦い、同じくレッドブル時代にはベッテル選手に年間選手権ポイントで勝ったこともありました。

ブレーキングの深さはF1界随一で、レース中の追い抜きは素晴らしいの一言です。

ただし2019年より所属したルノーのマシンの出来がイマイチで、中団を走らせるにはもったいないドライバーだと思います。

2019年F1ドライバー推定年俸ランキング!ハミルトン・ベッテル・マックスの年収は?

2019年10月27日

【第4位】セバスチャン・ベッテル

総合速さ強さ実績年齢
AABS32歳
出走優勝PPFLタイトル
2415357384
2019年
チームメイト比較
ベッテルルクレール
予選対決9勝11勝
決勝ポイント240ポイント264ポイント

※2019年シーズン終了時点

F1で4度のチャンピオンを獲得したセバスチャン・ベッテル選手ですが、2019年は新たなチームメイトであるシャルル・ルクレール選手を相手に、予選対決とシリーズポイントで敗れてしまいました。

2018年から2019年にかけてはドライバーに起因するミスが目立つようになり、速さに少し陰りが見えているとも言われています。

ただしベッテル選手はリヤが安定したマシンが好みなため、フェラーリのマシンが今後改善されれば速さを取り戻してくれるのでは、と期待しています。

余談ですが、2019年のF1日本グランプリの予選で、ベッテル選手が一番時計でポールポジションを獲得した際、鈴鹿のスタンドはもの凄い歓声でした。

一時代を築いたドライバーが少しだけ陰りを見せた時、応援したくなっちゃいますよね。

2019F1日本GP観戦記vol.1 レッドブルの火花に興奮!予選編

2019年10月18日

【第3位】シャルル・ルクレール

総合速さ強さ実績年齢
AAAB22歳
出走優勝PPFL
42274
2019年
チームメイト比較
ルクレールベッテル
予選対決11勝9勝
決勝ポイント264ポイント240ポイント

※2019年シーズン終了時点

2018年にデビューし2年目にして名門フェラーリのF1ドライバーになったシャルル・ルクレール選手は、チームメイトの4度の世界チャンピオンであるセバスチャン・ベッテル選手相手に勝利数ポールポジション数ともに上回り、選手権ランキングでも上位でシーズンを終えました。

2019年のフェラーリのマシンは、リヤが不安定だと言われていましたが、チームメイトのベッテル選手のミスを尻目にルクレール選手は決勝レースでのドライバーに起因するミスは殆ど無く、アグレッシブに前のマシンを抜く姿は2年目とは思えない切れ味です。

2024年までフェラーリと契約を延長し、今後トップドライバーのひとりとしてF1界でさらに活躍が期待されます。

【第2位】マックス・フェルスタッペン

総合速さ強さ実績年齢
SSAB22歳
出走優勝PPFL
102827
2019年
チームメイト比較
フェルスタッペンガスリー
予選対決11勝1勝
決勝ポイント181ポイント63ポイント
2019年
チームメイト比較
フェルスタッペンアルボン
予選対決7勝1勝
決勝ポイント97ポイント76ポイント

※2019年シーズン終了時点

現在のF1で一番速いドライバーは?と聞かれたら私はマックス・フェルスタッペン選手と答えます。

もちろん速さの称号ポールポジションは2回だけですが、それはマシン、特にPUが最強では無いという理由です。

私はこのフェルスタッペン選手が、若い頃ロータスホンダで戦っていたアイルトン・セナ選手とダブってしまいます。

セナ選手はもっとポールポジションを取っていた?

いやいや当時はもっとドライバーの領域があったからです。

2019年はその速さに加えレース中の安定感も増しており、レース中のミスはほとんど見られませんでした。

22歳にしてすでに102戦ものグランプリを経験していますが、ドライバーとしての実力はまだまだ伸び続けており、今後は伝説のドライバーへの道を進んでいくものと思います。

ホンダ第2期はセナ選手とともに、そして第4期はフェルスタッペン選手とともに・・・。

【第1位】ルイス・ハミルトン

総合速さ強さ実績年齢
SASS35歳
出走優勝PPFLタイトル
2508488476
2019年
チームメイト比較
ハミルトンボッタス
予選対決14勝7勝
決勝ポイント413ポイント326ポイント

※2019年シーズン終了時点

現在のF1において実力ナンバー1は、ルイス・ハミルトン選手です。

2019年シーズンはポールポジションが5回と、予選一発に関しては少し物足りませんでしたが、決勝では11勝も記録し、レース中の強さや安定感は群を抜いています。

特に2019年イギリスグランプリでボロボロになったタイヤでファイナルラップにファステストラップを記録したり、ハンガリーグランプリで後半にタイヤ交換をし、何周にも渡りファステストラップを連発して前を行くフェルスタッペン選手をオーバーテイクしたシーンは本当に凄かったです。

特筆すべきはペナルティポイントの少なさで、引くとこは引くことで長いシーズンを見据えた戦いができるのも6度の世界チャンピオンならではです。

最後に

以上、今回は現役F1ドライバーの実力を、F1ファン歴30年の私が勝手にランキングさせていただきました。

順位ドライバー総合速さ強さ実績
1位ハミルトンSASS
2位フェルスタッペンSSAB
3位ルクレールAAAB
4位ベッテルAABS
5位リカルドBABB
6位ボッタスBBBB
7位ライコネンBCAA
8位サインツCCBC
9位ペレスCCCC
10位ノリスCCDD
11位アルボンDCDD
12位ガスリーDCDD
13位マグヌッセンDDCD
14位オコンDDCD
15位クビアトDDDD
16位グロージャンDDDD
17位ラッセルDDDE
18位ストロールEEDD
19位ジョヴィナッツィEDEE

独断と偏見、雑念や私見、そのほかいろいろなものが入り混じったランキングなので、物申したい方は多くいると思いますが、その時はグッとこらえてコメント欄に優しく書いてくださいね。

2019年F1ドライバー推定年俸ランキング!ハミルトン・ベッテル・マックスの年収は?

2019年10月27日

2019F1日本GP観戦記vol.1 レッドブルの火花に興奮!予選編

2019年10月18日

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

関連記事

記事がイイねと思ったらクリック!

SNSでシェアお願いします!




奥が深いモータースポーツ撮影の世界
MOTORSPORT撮影術

モータースポーツ撮影歴18年。腕に覚えは全く無いが、知識だけは豊富なワタクシぴぴが、レース撮影について偉そうに解説します。




コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

モータースポーツをこよなく愛す、セナプロ世代の四十代。 サーキット観戦デビューは、1996年フォーミュラニッポン第7戦の富士スピードウェイ。ど迫力のエキゾーストノートとタイヤの焼ける匂いを実感し、それまでテレビでしか観戦してこなかった事を悔やむ。以降、F1・WEC・スーパーGT・スーパーフォーミュラなどを富士スピードウェイ・鈴鹿サーキットを中心に多数観戦する。 一眼レフデビューは2001年頃、CANON EOS7(フィルム機)。腕に覚えは全くないが、年数だけはそこそこ長い。 【一眼レフ遍歴】 CANON EOS 7 → CANON EOS kiss N → CANON EOS 60D → CANON EOS 7D MarkⅡ → CANON EOS 5D MarkⅣ & SONY α7R Ⅲ 【所有カメラ】 CANON EOS 5D MarkⅣ SONY α7R Ⅲ SONYサイバーショット DSC-RX1R 【所有レンズ】 CANON EF100mm-400mm f/4.5-5.6L IS Ⅱ USM CANON EF70-200mm f/2.8L IS Ⅱ USM CANON EF24mm-70mm f/4L IS USM CANON EF50mm f/1.2L USM CANON EF85mm f/1.4L IS USM SONY FE24-105mm F4 G OSS