【第1回】今日の一枚『6輪たいれるが鈴鹿へ!』

撮影日2019年11月16日
イベント鈴鹿サウンドオブエンジン2019
観戦記https://motorsport-photography.net/suzuka-sound-of-engine-2019/
場所鈴鹿サーキット
カメラキヤノンEOS5D MarkⅣ
レンズキヤノンEF100-400mm F4.5-5.6L IS Ⅱ USM
シャッタースピード1/160
F値F5.0
焦点距離200mm
ISO100

私が幼い頃のF1のイメージといえば6輪タイレルそのものでした。

2019年11月に行われた鈴鹿サウンドオブエンジンでは、テレビでしか観たことのない6輪ティレルが日本に上陸し、デモランを行ってくれました。

オーナーである元F1ドライバーのピエルルイジ・マルティニ氏が自らハンドルを握り、時にはブレーキをロックしながら相当なスピードで伝説のマシンを操り、私を含むおじさん世代は童心に帰って大喜びしました。

たった数ラップの周回でしたが、この出来事は一生忘れることはないでしょう。

『今日の一枚』一覧は下のボタンをクリック

関連記事

よかったらSNSでシェアお願いします!




奥が深いモータースポーツ撮影の世界
MOTORSPORT撮影術

モータースポーツ撮影歴18年。腕に覚えは全く無いが、知識だけは豊富なワタクシぴぴが、レース撮影について偉そうに解説します。




コメントを残す