【カメラ機材紹介】ソニーFE24-105mm F4 G OSS (vs.キヤノンEF24-70mm F4L IS USM)




カメラ機材オタクのぴぴと申します。

キヤノンEOS EFシリーズに加え新たにEマウントのソニーα7RⅢを購入し、それにつける最初のレンズとして購入したのがこのFE24-105mm F4 G OSSでした。

それから約1年が経過し、同じく所有するキヤノンEF24-70mm F4L IS USMと比較しながらソニーFE24-105mm F4 G OSSのレビューをしたいと思います。

ソニーFE24-105mm F4 G OSS vs. キヤノンEF24-70mm F4L IS USM

操作性

レンズ左側面を撮影
左からフォーカスリング、ズームリングその間にフォーカスホールドボタン
AF/MF切替スイッチ 手ぶれ補正のON/OFFスイッチ

特に難しい操作系はありません。

AF/MFの切り替えスイッチと手ぶれ補正のオンオフスイッチがあり、キヤノンには無いモノとしてフォーカスホールドボタンがありますが、今まで使ったことはありません。

レンズ先端側にフォーカスリング、手前側にズームリングがあり、ズームリングは私が使い慣れたキヤノンとは逆で、時計回りに回転させると焦点距離が長くなります。

FE24-105mm F4 G OSSには距離目盛がありませんが、オートフォーカスを常用する私にとっては問題ありません。

フードは花形のバヨネット式で、ボタンの無いタイプです。

ぴぴ
特に難しい操作は無いので、一般的なカメラの知識があれば問題ありません!

表現力

超高精細で4000万画素を超えるカメラが発売される近年、レンズが追い求めているモノはパキパキの解像度なのでしょう。

このレンズも御多分に漏れず、ポートレート撮影ではモデルの肌荒れや白眼の血管など、見たくないものまで見えてしまいます。

またF値はF4と、背景ボケでモデルを引き立たせるのには不十分な明るさのレンズなので、私の技術だと構図と光のコントロールでハッと驚く様な芸術的なポートレート撮影はできません。

そのため風景を撮影したり、単焦点レンズでの焦点距離が合わない時のバックアップ用レンズだと考えております。

ぴぴ
凄い解像度で見たく無いものまで見えちゃいます。

携帯性

24-105mmの高倍率ズームては一般的な大きさだと思います。

ソニーFE24-105mm F4 G OSSとキヤノンEF24-70mm F4L IS USMでは、焦点距離の関係からソニーFE24-105mm F4 G OSSの方が長いのですが、一般的にソニーEマウントはミラーレスに装着する事が多く、キヤノンEFマウントでは一眼レフに装着する事が多く想定され、両方を比べるとほぼ同じ長さでした。

ぴぴ
近年の標準ズームレンズの一般的な大きさです。

機能性

ソニーFE24-104mm F4 G OSSを使い一番驚いたのがオートフォーカス駆動音がほぼしないことです。

キヤノンEF24-70mm F4L IS USMが「カッカッカッ」と焦点距離を合わすのに対し、ソニーFE24-105mm F4 G OSSはほぼ無音でピントが合い、それまでキヤノンしか使用したことのない私にとっては驚きでした。

動画に強いと言われているソニーEマウントシステムですが、レンズのモーター駆動音がしないのも動画撮影を多用する方にとっては大きなメリットだと思います。

ぴぴ
オートフォーオーカスの駆動音がほぼしないので動画撮影時のメリットになります。

まとめ

本来の写真撮影、特にポートレート撮影とは、構図を決めて光をコントロールし作品を仕上げるものだと思いますが、芸術的センスのない私にとってボケ味(ボケ量か?)が表現の中心であり、現在はボケを求めて単焦点レンズを多様しています。

そんな中このソニーFE24-105mm F4 G OSSは、単焦点レンズで焦点距離が合わない時のバックアップ用としてカメラバッグに携帯しています。

あと、たまにですが仕事で使用する時、ソニーα7RⅢにFE24-105mm F4 G OSSを取り付けて持ち出すかキヤノン5D MarkⅣにEF24-70mm F4L IS USMを付けて持ち出すか悩むのですが、失敗の許されない場面では結局操作に慣れたキヤノン機にEF24-70mm F4L IS USMを持ち出す事が多く、当レンズはなかなか使用していないのが現状です。

ただ、動画撮影ではモーター駆動音がほぼしない事とオートフォーカスの速さは相当な武器になると思うので、動画をメインでやられている方にとっては必ず選びたいレンズのひとつだと思います。

以上、ソニーFE24-105mm F4 G OSSのレビューでした。

ソニー200-600mm超望遠ズーム発表! レース撮影のミラーレス移行を考える

2019年6月21日

Eマウントレンズ選びの旅 vol.1 SONY Eマウントレンズを学ぶ

2018年7月17日

ソニーα7RⅢ 購入記 vol.1 キヤノンさんもう待てません! ミラーレス購入検討

2018年6月28日

キヤノン最新単焦点レンズ“EF85mm F1.4L IS USM”がやってきた 開封の儀!

2017年12月2日

私のカメラ用交換レンズラインナップを紹介

2017年11月28日

最後までお読みいただきありがとうございました。

ぴぴ
クリックしていただくとワタクシぴぴ小躍りします。

モータースポーツランキング




SNSでシェアお願いします!




奥が深いモータースポーツ撮影の世界
MOTORSPORT撮影術

モータースポーツ撮影歴18年。腕に覚えは全く無いが、知識だけは豊富なワタクシぴぴが、レース撮影について偉そうに解説します。




コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

モータースポーツをこよなく愛す、セナプロ世代の四十代。 サーキット観戦デビューは、1996年フォーミュラニッポン第7戦の富士スピードウェイ。ど迫力のエキゾーストノートとタイヤの焼ける匂いを実感し、それまでテレビでしか観戦してこなかった事を悔やむ。以降、F1・WEC・スーパーGT・スーパーフォーミュラなどを富士スピードウェイ・鈴鹿サーキットを中心に多数観戦する。 一眼レフデビューは2001年頃、CANON EOS7(フィルム機)。腕に覚えは全くないが、年数だけはそこそこ長い。 【一眼レフ遍歴】 CANON EOS 7 → CANON EOS kiss N → CANON EOS 60D → CANON EOS 7D MarkⅡ → CANON EOS 5D MarkⅣ & SONY α7R Ⅲ 【所有カメラ】 CANON EOS 5D MarkⅣ SONY α7R Ⅲ SONYサイバーショット DSC-RX1R 【所有レンズ】 CANON EF100mm-400mm f/4.5-5.6L IS Ⅱ USM CANON EF70-200mm f/2.8L IS Ⅱ USM CANON EF24mm-70mm f/4L IS USM CANON EF50mm f/1.2L USM CANON EF85mm f/1.4L IS USM SONY FE24-105mm F4 G OSS