人気記事 モータースポーツ撮影術シリーズ

『ペヤングやきそば獄激辛カレー』はもう一生食べません!

インスタント焼そば評論家のぴぴです。

今回はまるか食品から発売された『ペヤングやきそば獄激辛カレー』を食べてみたので、その感想を書いてみます。

ペヤングお得意のイロモノ企画

最近のペヤングは、次々に発売される奇抜な味の焼そば、いわゆるイロモノ企画で注目を浴びている。

そのイロモノ商品の定番といえば激辛味で、YouTubeなどさまざまなメディアの罰ゲームで取り上げられてるが、今回もその王道を行く『獄激辛カレー』。

ペヤングの激辛シリーズは、以前私もひと口で敗北したことが頭をよぎるが、今回はリベンジとばかりにあらためて激辛焼そばの新商品『ペヤング獄激辛やきそば』に挑戦してみようと思う。

名物イロモノ企画!『ペヤングソースやきそばマシマシキャベツ』

インド人が闇に誘う魅惑のパッケージ

今回紹介する『ペヤングやきそば獄激辛カレー』のパッケージ。

怪しいインド人がパッケージに描かれ、この商品も味を追求したものではなく、食した時のインパクトを重視していることが伺える。

パッケージの目立つ部分に『泣けるほど辛味が強いので、小さなお子様や辛味が苦手の方の喫食には十分ご注意ください』と書かれており、食べる前から残念な昼食になることが予想されるが果たして・・・。

『ペヤングやきそば獄激辛カレー』を作る!

それではパッケージを開封し中身を確認してみよう。

左はペヤングお決まりのかやくで、右がその後地獄に落ちることになる『獄激辛カレーソース』。

注意を促す黄色と黒のパッケージングで、『非常に辛味成分が強いので十分にご注意ください』とやばい注意喚起がなされている。

麺は通常のペヤングと同じもの。

そこにいつものかやくをふりかける。

お湯を入れ、3分間待った後に、例のヤバイソースを投入する。

あー!もう食べる前からあの匂いが攻めてくる!

完成!

そして私は今から地獄に落ちるのであった・・・。

『ペヤングやきそば獄激辛カレー』を食し地獄に落ちた・・・

本当に、本当に嫌だが、『ペヤングやきそば獄激辛カレー』を食べてみる。

一口目、いっ行きます・・・。

んっ?うんっ??

うわーきたーーーーー!!!

辛っ!!!辛すぎるーーーーー!!!!!

カレーという名に騙された!!

まったくカレーの味などせず、激辛だけが私の口を総攻撃する!!!

舌が痺れ、唇は膨れ上がり、なぜかよだれが勝手に机の上にボチョっと落ちた!!!???

いや、今回は負けないぞ!二口目だーーーー!

口に運ぶと、極限の辛さで勝手に咳き込み、辛味を吸い込みまた咳き込む最悪のローテーション・・・。

だっダメだ!

そうだ!あれを投入しよう!

激辛味をマイルドにする、キャベツを購入していたことを思い出す。

キャベツ投入ーーー・・・がっ!

獄激辛味の前ではまったくなす術なし・・・。

そこで口を真っ赤に膨れあがらせて、向かいのファミリーマートに飛び込み、カルピスウォーターを購入し、ガブ飲みしながら少しだけ食したが半分も食べることなくギブアップしたのであった。

私の身体は自らでの制御を失い、目からは涙が溢れ、口からはよだれがボトボトと落ちてゆき、四十路のおっさんはあられもない姿に落ちていったのであった・・・。

最後に

YouTubeなどの企画でも罰ゲームとして取り上げられるペヤングの激辛やきそばを食した結果、妥協一切なし、味という概念とは皆無の生粋の罰ゲーム商品だった。

30分後からは胃の調子がおかしくなり、3時間後には腸が暴れ出し、10時間経った今トイレでケツの穴のヒリヒリと戦っている。

大切な俺のランチを、そして俺の半日を返せ!

とっ取り乱しました・・・。

もうペヤングの激辛シリーズは一生買わないと、心に誓った一日だった。

今回紹介した『ペヤングやきそば獄激辛カレー』購入のリンクを貼っておきますので、地獄に落ちたい方はどうぞ。

まあ、やめたほうが身のためですが・・・。

以上、最後までご覧いただきありがとうございました。

他にもインスタント焼そばのレビュー記事を書いていますので、よかったらご覧ください!

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

32人の購読者に加わりましょう

関連記事

よかったらSNSでシェアお願いします!




奥が深いモータースポーツ撮影の世界
MOTORSPORT撮影術

モータースポーツ撮影歴18年。腕に覚えは全く無いが、知識だけは豊富なワタクシぴぴが、レース撮影について偉そうに解説します。




コメントを残す

ABOUT US

アバター
ぴぴ
モータースポーツをこよなく愛す、セナプロ世代の四十代。 サーキット観戦デビューは、1996年フォーミュラニッポン第7戦の富士スピードウェイ。ど迫力のエキゾーストノートとタイヤの焼ける匂いを実感し、それまでテレビでしか観戦してこなかった事を悔やむ。以降、F1・WEC・スーパーGT・スーパーフォーミュラなどを富士スピードウェイ・鈴鹿サーキットを中心に多数観戦する。 一眼レフデビューは2001年頃、CANON EOS7(フィルム機)。腕に覚えは全くないが、年数だけはそこそこ長い。 【一眼レフ遍歴】 CANON EOS 7 → CANON EOS kiss N → CANON EOS 60D → CANON EOS 7D MarkⅡ → CANON EOS 5D MarkⅣ & SONY α7R Ⅲ 【所有カメラ】 CANON EOS 5D MarkⅣ SONY α7R Ⅲ SONYサイバーショット DSC-RX1R 【所有レンズ】 CANON EF100mm-400mm f/4.5-5.6L IS Ⅱ USM CANON EF70-200mm f/2.8L IS Ⅱ USM CANON EF24mm-70mm f/4L IS USM CANON EF50mm f/1.2L USM CANON EF85mm f/1.4L IS USM SONY FE24-105mm F4 G OSS