【新幹線と富士山】有名撮影スポットで新幹線を撮影してみた!第1弾

モータースポーツ中毒者ですが、鉄道も好きなぴぴと申します。

モータースポーツ撮影を趣味とする私ですが、昨年11月のスーパーGT×DTM特別交流戦以来まともに一眼レフで撮影しておらず、いい加減うずうずしてきました。

ということで、今回は有名撮影スポットで新幹線を撮影してきました!

ほぼレーシングマシンしか撮影しないアマチュアカメラマンが新幹線を撮影するとどうなるのか?

ではいってみましょう!

東海道新幹線のド定番撮影ポイント

東海道新幹線の写真といったら、富士山を背に走る姿が目に浮かぶと思います。

あの場所はどこか、と思い調べてみるとすぐに見つかりました。

静岡県富士市にある東部市民プラザという公共施設からすぐの場所で撮影していたんですね。

場所東部市民プラザ
住所静岡県富士市富士岡南257-2

地図の右上に写真スポットと書かれていますが、そこが富士山をバックに東海道新幹線を撮影できるポイントです。

ちなみに東部市民プラザでは、撮影のカメラマンに向けて駐車場やトイレを無料で開放してくれてるとのことですが、詳しくは下記のホームページからご確認ください。

富士じかん

撮影場所・交通アクセス

東部市民プラザ(住所:静岡県富士市富士岡南257-2)北側道路沿い

位置情報

富士山と新幹線のスポット(地図)

撮影時のお願い

浮島・中里で撮影の際に、一面に広がる田んぼは、農家の皆さんが仕事をする場です。撮影時は、無断で田んぼの中に入ったり、お仕事の邪魔をすることがないよう、ご協力をお願いいたします。また、自分のごみは、自分で持ち帰りましょう。一人一人が、モラルと撮影マナーを守り、美しい風景を多くの人が楽しめるようにしましょう。

トイレや駐車場は東部市民プラザをご利用ください。

富士じかんより引用

新幹線&富士山撮影スタート!

撮影当日はご覧とのおり富士山が非常にきれいな絶好の撮影日和!

静岡県在住の私ですが、空気の澄んでいる冬場でもこれほどまでにかすみがない日は珍しいんです。

まずはカメラの設定。

レーシングマシンの撮影では、シャッタースピードを長くして背景を流すのが定番ですが、今回は新幹線とともに富士山も主役なので、まずはシャッタースピードを1/4000秒で絞りはF8.0で撮影してみます。

ISO1600は少し上げすぎかなあ。

まあいいか。

では撮影いってみましょう!

【キヤノンEOS5D Mark4】1/4000秒 F8.0 ISO1600
【キヤノンEF70-200mm F2.8L IS Ⅱ USM】90mm

おっ、なかなかいい感じ!?

ただし新幹線のお顔が防音壁で半分隠れているか・・・。

ISOも少し上がりすぎなので、シャッタースピードを1/2000秒に下げてみます。

【キヤノンEOS5D Mark4】1/2000秒 F8.0 ISO500
【キヤノンEF70-200mm F2.8L IS Ⅱ USM】70mm

今度こそいい感じに撮れました。

なんか時刻表の表紙にありそうな写真じゃないですか!?

今度はもう少し近づいてみます。

【キヤノンEOS5D Mark4】1/3200秒 F6.3 ISO640
【キヤノンEF70-200mm F2.8L IS Ⅱ USM】115mm

今度はお顔に架線柱の影が入ってるし、隙間もなくちょっと寸詰まり感が出てますね。

もう一度いってみます。

【キヤノンEOS5D Mark4】1/3200秒 F6.3 ISO640
【キヤノンEF70-200mm F2.8L IS Ⅱ USM】110mm

新幹線撮影もなかなか楽しいかも!?

楽しくなっていくと、いつものように悪い癖を発病します・・・。

【キヤノンEOS5D Mark4】1/100秒 F10 ISO100
【キヤノンEF70-200mm F2.8L IS Ⅱ USM】115mm

シャッタースピードを1/100秒に下げ・・・。

【キヤノンEOS5D Mark4】1/100秒 F14 ISO100
【キヤノンEF70-200mm F2.8L IS Ⅱ USM】105mm

そして1/80秒に・・・。

いつもなら1/10秒までシャッタースピードを下げるところでしたが、NDフィルターを忘れたおかげで我にかえりました。

しかしすでに富士山は主役の座から降りてしまいました・・・。

今度は標準レンズに替えて引きで撮影します。

【キヤノンEOS5D Mark4】1/2500秒 F8.0 ISO800
【キヤノンEF24-70mm F4L IS USM】41mm

標準レンズでの引きの絵も、なかなかいい感じで撮影できました!

最後に少し東に場所を変えて、一番の写真スポットで撮影します。

【キヤノンEOS5D Mark4】1/50秒 F16 ISO100
【キヤノンEF24-70mm F4L IS USM】24mm
【キヤノンEOS5D Mark4】1/50秒 F16 ISO100
【キヤノンEF24-70mm F4L IS USM】24mm

以上、富士山をバックに新幹線を撮影してみました。

最後に

【キヤノンEOS5D Mark4】1/3200秒 F7.1 ISO1000
【キヤノンEF70-200mm F2.8L IS Ⅱ USM】115mm

気合いを入れて鉄道を撮影したのは今回が初めてでしたが、素晴らしい撮影スポットと天気のおかげで上手に撮影できたと、個人的には満足しました。

それにしても背景を考えながらの撮影は、レーシングマシンとはまた違った楽しみがあり、鉄道写真の奥深さを少しだけ知ることができました。

今年は新型コロナウイルスの影響で、モータースポーツの開幕が遅れることは必至です。

そのため、鉄道という新たな被写体で撮影を楽しみたいと思いました。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

関連記事

記事がイイねと思ったらクリック!

SNSでシェアお願いします!




奥が深いモータースポーツ撮影の世界
MOTORSPORT撮影術

モータースポーツ撮影歴18年。腕に覚えは全く無いが、知識だけは豊富なワタクシぴぴが、レース撮影について偉そうに解説します。




コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

モータースポーツをこよなく愛す、セナプロ世代の四十代。 サーキット観戦デビューは、1996年フォーミュラニッポン第7戦の富士スピードウェイ。ど迫力のエキゾーストノートとタイヤの焼ける匂いを実感し、それまでテレビでしか観戦してこなかった事を悔やむ。以降、F1・WEC・スーパーGT・スーパーフォーミュラなどを富士スピードウェイ・鈴鹿サーキットを中心に多数観戦する。 一眼レフデビューは2001年頃、CANON EOS7(フィルム機)。腕に覚えは全くないが、年数だけはそこそこ長い。 【一眼レフ遍歴】 CANON EOS 7 → CANON EOS kiss N → CANON EOS 60D → CANON EOS 7D MarkⅡ → CANON EOS 5D MarkⅣ & SONY α7R Ⅲ 【所有カメラ】 CANON EOS 5D MarkⅣ SONY α7R Ⅲ SONYサイバーショット DSC-RX1R 【所有レンズ】 CANON EF100mm-400mm f/4.5-5.6L IS Ⅱ USM CANON EF70-200mm f/2.8L IS Ⅱ USM CANON EF24mm-70mm f/4L IS USM CANON EF50mm f/1.2L USM CANON EF85mm f/1.4L IS USM SONY FE24-105mm F4 G OSS