人気記事:『ミニカーで振り返るF1マシン』シリーズ

スーパーGT GT300に参戦した9つの国内メーカーと車種一覧

スーパーGTのGT300クラスといえば、豊富なマシンラインナップは魅力のひとつで、中にはコレもスーパーGTのベース車両になったの?という珍しいクルマもある。

ということで前回のGT300クラスに参戦した海外メーカーに引き続き、今回はGT300クラスに参戦した国内メーカー(ブランド)をすべて紹介してみたいと思う。

ちなみに前回の海外メーカー編は下のリンクからどうぞ。

それでは、いってみよう!

トヨタ

2020年のGRスープラ
2020年スーパーGT第5戦にて
車種・グレード参戦年規格
MR-S2005-2008JAF-GT
セリカ2005-2008JAF-GT
カローラアクシオ2009-2011JAF-GT
プリウス(ZVW30型)2012-2015JAF-GT
プリウス(ZVW50型)2016-2018JAF-GT
プリウスPHV GR SPORT2019-JAF-GT
86 MC2014-JAF-GT
マークX MC2017-2019JAF-GT
GRスープラ2020-JAF-GT

トヨタはスーパーGT GT300クラスに多くの車種を登場させたメーカーだ。

2007年のセリカ
写真提供:Mさん

スーパーGTがはじまった2005年にはレーシングプロジェクトバンドウとチームタケウチがセリカを、

2007年のMR-S
写真提供:Mさん

チームRECKLESSとaprがMR-Sで参戦している。

2009年のカローラアクシオ
写真提供:Mさん

2009年にはaprが大衆車のカローラアクシオをGT300マシンに仕立てて参戦する。

2012年のプリウス(ZVW30型)
2012年JAF GPにて

そしてaprは2012年にカローラアクシオに代わりスーパーGT初のハイブリッドマシンである2代目プリウスで出場し、

2016年のプリウス(ZVW50型)
2016年スーパーGT第2戦にて

2016年には3代目プリウスに。

2019年のプリウスPHV GR SPORT
2019年スーパーGT第5戦にて

そして2019年にプリウスPHV GR SPORTをベースとしたマシンに進化した。

ちなみに2代目および3代目プリウスは、市販車とは違いリヤミッドシップだったが、プリウスPHV GR SPORTからは市販車と同様のフロントエンジンになっている。

2019年の86 MC
2019年スーパーGT第5戦にて

トヨタのスポーツカーとしては、チームタイランドにより86が2014年にデビューする。

このマシンは後述するスバルの兄弟車種BRZとは違い、マザーシャシーを使用したマシンだ。

2019年のマークX MC
2019年スーパーGT第5戦にて

2017年には埼玉トヨペットがマザーシャシーのマークXを作り上げて参戦し、多くのGTファンを魅了した。

2020年のGRスープラ
2020年スーパーGT第5戦にて

その埼玉トヨペットは2020年からGRスープラに変更し、自社開発したJAF-GTの当マシンを2021年からLMコルサとマックスレーシングにも供給している。

レクサス

2020年のRC F GT3
2020年スーパーGT第5戦にて
車種・グレード参戦年規格
IS3502008-2012JAF-GT
RC F GT32015-FIA-GT3

レクサスブランドでは2台のGT300マシンがスーパーGTを走っている。

2012年IS350最後のレース
2012年JAF GPにて

2007年までセリカで参戦していたレーシングプロジェクトバンドウとチームタケウチは、フォーミュラニッポン用のエンジンをミッドに搭載したIS350を2008年第3戦から投入。

IS350は2012年まで参戦した。

2015年のRC F GT3
2015年スーパーGT第4戦にて

2015年にはLMコルサがFIA-GT3仕様のRC F GT3で参戦し、その後K-tunesやチームタイランドが追随した。

日産

2020年のGT-R NISMO GT3
2020年スーパーGT第5戦にて
車種・グレード参戦年規格
フェアレディZ2005-2010JAF-GT
GT-R NISMO GT32012-FIA-GT3

トヨタが多くの車種をGT300クラスにラインナップしたのに対し、日産は同社の主力スポーツカーの2台のみの参戦だ。

2007年のフェアレディZ
写真提供:Mさん

1台目はフェアレディZで、スーパーGT元年の2005年にはエンドレスと2台のモーラが使用し、フェアレディZは2010年まで使われた。

2015年のGT-R NISMO GT3
2015年スーパーGT第4戦にて

GT-R NISMO GT3の登場は2012年。

現在はGT500クラスに参戦するNDDPレーシングがFIA-GT3規格のGT-R NISMO GT3を走らせた。

GT-R NISMO GT3は、そのパフォーマンスと強力なバックアップ体制により次第にユーザーチームが増え、2021年現在は2台のゲイナー、NIZZレーシング、KONDOレーシング、東名スポーツの5台が参戦している。

次のページでは、ホンダ、スバル、マツダの歴代GT300マシンを紹介します。

関連記事

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

52人の購読者に加わりましょう

よかったらSNSでシェアお願いします!




奥が深いモータースポーツ撮影の世界
MOTORSPORT撮影術

モータースポーツ撮影歴18年。腕に覚えは全く無いが、知識だけは豊富なワタクシぴぴが、レース撮影について偉そうに解説します。




コメントを残す

ABOUT US

ぴぴ
モータースポーツをこよなく愛す、セナプロ世代の四十代。 サーキット観戦デビューは、1996年フォーミュラニッポン第7戦の富士スピードウェイ。ど迫力のエキゾーストノートとタイヤの焼ける匂いを実感し、それまでテレビでしか観戦してこなかった事を悔やむ。以降、F1・WEC・スーパーGT・スーパーフォーミュラなどを富士スピードウェイ・鈴鹿サーキットを中心に多数観戦する。 一眼レフデビューは2001年頃、CANON EOS7(フィルム機)。腕に覚えは全くないが、年数だけはそこそこ長い。 【一眼レフ遍歴】 CANON EOS 7 → CANON EOS kiss N → CANON EOS 60D → CANON EOS 7D MarkⅡ → CANON EOS 5D MarkⅣ & SONY α7R Ⅲ 【所有カメラ】 CANON EOS 5D MarkⅣ SONY α7R Ⅲ SONYサイバーショット DSC-RX1R 【所有レンズ】 CANON EF100mm-400mm f/4.5-5.6L IS Ⅱ USM CANON EF70-200mm f/2.8L IS Ⅱ USM CANON EF24mm-70mm f/4L IS USM CANON EF50mm f/1.2L USM CANON EF85mm f/1.4L IS USM SONY FE24-105mm F4 G OSS