人気記事:『ミニカーで振り返るF1マシン』シリーズ

スーパーGT GT300に参戦した13の海外メーカーと車種一覧

スーパーGTといえばGT500クラスとGT300クラスの混走が特徴のひとつ。

GT500クラスは、日本の三大自動車メーカーであるトヨタ、日産、ホンダの、会社の威信をかけた開発競争が見ものだが、GT300クラスは、フェラーリやランボルギーニ、ポルシェに代表される世界のスーパーカーがバトルをする姿が魅力だ。

そこで今回は2005年からはじまったスーパーGTのGT300クラスに参戦した、13の海外自動車メーカーとすべての車種、グレードを紹介する。

ちなみに、GT300クラスに参戦した国内の自動車メーカーと車種一覧は、下記リンクからどうぞ。

では、いってみよう!

ポルシェ

2020年の911 GT3 R(991型)
2020年スーパーGT第5戦にて
車種・グレード参戦年規格
ボクスター(986型)2005-2010JAF-GT
9682005JAF-GT
911 GT Cup(996型)2005-2007JAF-GT
911 GT3 R(996型)2005FIA-GT2
911 GT3 RS(996型)2005-2010FIA-GT2
911 GT3 RSR(996型)2005-2010FIA-GT2
911 GT3 RS(996型)2006-2011JAF-GT
911 GT3 R(997型)2006-2011FIA-GT3
911 GT3 RS(997型)2007-2008FIA-GT2
911 GT3 RSR(997型)2009-2011FIA-GT2
911 GT3 R(991型)2016-FIA-GT3

ボクスターや968、各世代の911 GT3など、さまざまな車種やグレードがスーパーGTに登場したポルシェ。

規格もJAF-GTからはじまり、FIA-GT2からFIA-GT3とさまざまだ。

スーパーGT初年度の2005年は、チームタイサンが911 GT3 R(996型)、アークテックがボクスター、チームレイジュンが968、その他911 GT Cup(996型)、911 GT3 RS(996型)、911 GT3 RSR(996型)と6種類のポルシェが参戦した。

2011年のポルシェ911(997型)
写真提供:Mさん

そして翌2006年から911系は徐々に997型に以降する。

GT300クラスで多く使われたポルシェだったが、2011年を最後に翌2012年から4年間は1台も参戦することはなかった。

ひさびさに登場したのが2016年で、ガルフレーシングwithパシフィックとチームKTRが991型の911 GT3 Rをデビューさせた。

2020年の911 GT3 R(991型)
2020年スーパーGT第5戦にて

そして2021年現在は名門つちやエンジニアリングが唯一、991型の911 GT3 Rを走らせている。

ランボルギーニ

2020年のウラカンGT3
2020年スーパーGT最終戦にて
車種・グレード参戦年規格
ムルシエラゴRG-12005-2009JAF-GT
ガヤルドRG-32007-2012FIA-GT3
ガヤルドLP600+GT32012-2013FIA-GT3
ガヤルドFL2 GT32013-2015FIA-GT3
ガヤルドR-EX2015FIA-GT3
ウラカンGT32016-2019FIA-GT3
ウラカンGT3 Evo2019-FIA-GT3

ランボルギーニと言えばJLOC(ジャパンランボルギーニオーナーズクラブ)で、同チームは全日本GT選手権黎明期の1994年からランボルギーニのマシンをエントリーさせている。

2007年のムルシエラゴRG-1
写真提供:Mさん

全日本GT選手権時代は、GT500クラスでカウンタックやディアブロなどを使用し、スーパーGTがはじまった2005年はムルシエラゴでGT500にエントリーし、シーズン途中にGT300にクラス変更した。

2007年のガヤルドRG-3
写真提供:Mさん

2007年からはムルシエラゴと並行したガヤルドでも参戦し、2010年からガヤルドに一本化。

2019年のウラカンGT3
2019年スーパーGT第5戦にて

その後2016年からウラカンにチェンジしている。

フェラーリ

2016年の488GT3
2016年スーパーGT第5戦にて
車種・グレード参戦年規格
F360GT2005-2007
2009
JAF-GT
F430GT2008-2009JAF-GT
F430GTC2009-2012FIA-GT2
458GTC2011FIA-GTE
458GT32012-2013
2015
FIA-GT3
488GT32016-2017FIA-GT3
488GT3 Evo2021-FIA-GT3

ランボルギーニとともにイタリアの両雄であるフェラーリも、スーパーGTで長きにわたり活躍している。

2006年のF360GT
写真提供:Mさん

スーパーGT初年度の2005年はJIMゲイナー(現ゲイナー)がF360GTを走らせている。

2008年からJIMゲイナーがF430GTに車両を変更しているが、このマシンは前車両の360モデナにF430用のヘッドライトやテールライト、エンジンなどを移植したもので、2009年から自社開発したJAF-GT規格のF430にチェンジしている。

2009年のF430GTC
写真提供:Mさん

またチームダイシンもF430をエントリーさせているが、この車両はFIA-GT2規格のマシンだ。

2011年の458GTC
写真提供:Mさん

2011年からJIMゲイナーはFIA-GTE規格の458をデビューさせ、2012年にはチームマッハがFIA-GT3規格の同車種で参戦した。

2016年の488GT3
2016年スーパーGT第2戦にて

2016年からはLMコルサの51号車がFIA-GT3規格の488で参戦し、2017年はそのマシンをアルナージュが使用した。

2018年から2020年はフェラーリの参戦はなかったが、2021年に4年ぶりにパシフィックレーシングが488GT3 Evoでエントリーしている。

ロータス

2019年のロータスエヴォーラMC
2019年スーパーGT第5戦にて
車種・グレード参戦年規格
エキシージ2005JAF-GT
エヴォーラMC2015-JAF-GT MC

ロータスは、スーパーGT初年度の2005年、第3戦のみにAMPREXモータースポーツがエキシージを走らせた。

そして10年の時を経た2015年、カーズ東海ドリーム28がムーンクラフトが製作したマザーシャシーのエヴォーラをエントリーし、2021年からはmutaレーシングINGINGがそのマシンを引き継いでいる。

シボレー

2019年のキャラウェイコルベットC7 GT3-R
2019年特別戦にて
車種・グレード参戦年規格
コルベット2005 2008JAF-GT
キャラウェイコルベットZ06.R GT32011-2013FIA-GT3
キャラウェイコルベットC7 GT3-R2019特別戦FIA-GT3

スーパーGT初年度の2005年はA&Sレーシングがコルベットで参戦するも2006年と2007年は参戦せず、2008年に同じくコルベットで第3戦、第6戦、第9戦にエントリーした。

その後2011年と2012年に東名スポーツが、2012年と2013年にディジョンレーシングがコルベットZ06.R GT3で参戦している。

そして2019年の特別戦に1戦のみC7 GT3-Rが登場した。

次のページでは、メルセデスやBMWが登場!

関連記事

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

52人の購読者に加わりましょう

よかったらSNSでシェアお願いします!




奥が深いモータースポーツ撮影の世界
MOTORSPORT撮影術

モータースポーツ撮影歴18年。腕に覚えは全く無いが、知識だけは豊富なワタクシぴぴが、レース撮影について偉そうに解説します。




コメントを残す

ABOUT US

ぴぴ
モータースポーツをこよなく愛す、セナプロ世代の四十代。 サーキット観戦デビューは、1996年フォーミュラニッポン第7戦の富士スピードウェイ。ど迫力のエキゾーストノートとタイヤの焼ける匂いを実感し、それまでテレビでしか観戦してこなかった事を悔やむ。以降、F1・WEC・スーパーGT・スーパーフォーミュラなどを富士スピードウェイ・鈴鹿サーキットを中心に多数観戦する。 一眼レフデビューは2001年頃、CANON EOS7(フィルム機)。腕に覚えは全くないが、年数だけはそこそこ長い。 【一眼レフ遍歴】 CANON EOS 7 → CANON EOS kiss N → CANON EOS 60D → CANON EOS 7D MarkⅡ → CANON EOS 5D MarkⅣ & SONY α7R Ⅲ 【所有カメラ】 CANON EOS 5D MarkⅣ SONY α7R Ⅲ SONYサイバーショット DSC-RX1R 【所有レンズ】 CANON EF100mm-400mm f/4.5-5.6L IS Ⅱ USM CANON EF70-200mm f/2.8L IS Ⅱ USM CANON EF24mm-70mm f/4L IS USM CANON EF50mm f/1.2L USM CANON EF85mm f/1.4L IS USM SONY FE24-105mm F4 G OSS