人気記事:『ミニカーで振り返るF1マシン』シリーズ

2021年スーパーGT GT500全チームのラインナップ紹介

1月22日にトヨタの2021年シーズンの国内モータースポーツ体制発表が行われ、1月15日のホンダ、1月18日の日産、そしてトヨタと、2021年シーズンのスーパーGT GT500クラスに参戦する15のチームと30名のドライバーがすべて確定した。

例年は東京オートサロンで発表されることが多かったのだが、今年はコロナ禍ということで各社インターネットでの発表となったのが特徴だった。

タイヤやスポンサーなどがまだ判明していないチームもあるが、現在わかっている限りでGT500クラスに参戦するチームの体制をメーカーごとに見ていくことにしよう。

ホンダ系GT500チームの2021年ラインナップ

それではまず2020年に見事チャンピオンを獲得したホンダ系チームの、2021年ラインナップをカーナンバー順に見ていこう。

マシンはすべてFR化されたNSXを使用する。

チームクニミツの2021年ラインナップ

ドライバー山本尚貴
牧野任祐
カーナンバー1
タイヤブリヂストン
メインスポンサースタンレー
2020年のシリーズ順位
(ドライバー)
1位
2020年のシリーズ順位
(チーム)
1位

昨シーズン、最終戦の最終周残り数百メートルで劇的な逆転チャンピオンを決めたチームクニミツの2021年ドライバーラインナップは、山本尚貴選手と牧野任祐選手が継続。

山本尚貴選手はチーム所属7年目でGT500クラス参戦は12年目、牧野任祐選手はチーム所属2年目でGT500クラス参戦は3年目となる。

前年から大きく変更されるのがカラーリング。

全日本GT選手権時代の1997年からレイブリックカラーで参戦してきたチームクニミツ※だが、レイブリックのブランドを所有するスタンレー電気は2021年3月で同ブランドの終了を発表する。

※チームクニミツがレイブリックカラーを纏ったのは1996年のル・マン24時間が最初

それに伴い2021年シーズンからはスタンレーブランドでの参戦となり、カラーリングはシルバー×ブラックにオレンジのロゴに一新される。

ARTAの2021年ラインナップ

ドライバー野尻智紀
福住仁嶺
カーナンバー8
タイヤブリヂストン
メインスポンサーオートバックス
昨年のシリーズ順位
(ドライバー)
5位
昨年のシリーズ順位
(チーム)
7位

元F1ドライバーでかつてF1に参戦したスーパーアグリのチームオーナーだった鈴木亜久里氏と、自動車用品店チェーン最王手のオートバックスがタイアップしたARTAは、1997年の設立から24年目となる2021年のドライバーラインナップは、昨年同様に野尻智紀選手と福住仁嶺選手のコンビを継続する。

野尻智紀選手はチーム所属7年目※1、福住仁嶺選手は2年目※2のシーズン。

※1.2013年にGT300のARTAでスポット参戦した実績は除く
※2.2015年にGT300のARTAでスポット参戦、2019年にARTAでフル参戦した実績は除く

昨年はなんども不運なレースが続いたARTAだが、今年は大きくチーム体制を変えずに盤石の体制で挑む。

チーム無限の2021年ラインナップ

ドライバー笹原右京
大湯都史樹
カーナンバー16
タイヤダンロップ
メインスポンサーレッドブル
昨年のシリーズ順位
(ドライバー)
14位
昨年のシリーズ順位
(チーム)
13位

ホンダと関係の深いチーム無限は、F1でホンダとタッグを組むレッドブルと同様にレッドブルカラーになったが、2021年もこれを継承する。

ドライバーはチーム2年目の笹原右京選手と、昨年ARTAでGT300クラスに参戦した今年GT500クラス初参戦となる大湯都史樹選手のコンビになる。

スーパーGT GT500マシンの中でも、ベストカラーリングマシンの1台に数えられるチーム無限の活躍を期待したい。

リアルレーシングの2021年ラインナップ

ドライバー塚越広大
B.バゲット
カーナンバー17
タイヤブリヂストン
メインスポンサーAstemo
昨年のシリーズ順位
(ドライバー)
3位
昨年のシリーズ順位
(チーム)
3位

スーパーGT参戦3年目の2009年からケーヒンがメインスポンサーとなり、同社のコーポレートカラーであるメタリックブルーのカラーリングで参戦したリアルレーシング。

しかし2021年はそのメインスポンサーであるケーヒンが、日立オートモディブシステムズ、ショーワ、日信工業と経営統合をし、名称が日立Astemoとなり、それに伴いブランドカラーのレッドが主体のカラーリングに変更される。

ドライバーは塚越広大選手とベルトラン・バゲット選手のコンビを継続。

塚越広大選手は2008年に同チームからスポット参戦し、2009年からレギュラードライバーを務めており、フル参戦としては所属13年目、ベルトラン・バゲット選手は所属3年目のシーズンとなる。

昨年は第2戦と第4戦でシリーズ2勝を上げ、チャンピオン争いを演じていたリアルレーシングだが、今年こそ悲願のチャンピオンを期待したい。

ナカジマレーシングの2021年ラインナップ

ドライバー伊沢拓也
大津弘樹
カーナンバー64
タイヤTBA
メインスポンサーモデューロ
昨年のシリーズ順位
(ドライバー)
12位
昨年のシリーズ順位
(チーム)
11位

日本人初のフルタイムF1ドライバーである中嶋悟氏が監督を務めるナカジマレーシングは、昨年同様2021年も伊沢拓也選手と大津弘樹選手のコンビを継続する。

2008年からスーパーGT GT500クラスに参戦するベテランの伊沢拓也選手は、かつてホンダのエースドライバーと言われたほど速さと安定感があり、昨年同チームに移籍すると2度のポールポジションを獲得し、全日本GT選手権時代に強さを誇ったナカジマレーシングの古豪復活の兆しが見えている。

このチームの肝は、GT500クラスで唯一使用するダンロップタイヤ※だが、開発能力でも定評のある伊沢拓也選手に期待したい。

※1月23日現在発表はされていない

私たちF1ブーム世代は、中嶋悟監督のチームは特別なのです・・・。

以上、ホンダ系GT500クラス5チームのラインナップ紹介でした。

次のページでは、トヨタ系GT500クラス6チームのラインナップを紹介をしますので、引き続き下記のボタンからどうぞ!

面倒ですがポチッとお願いします

自動車レースランキング

関連記事

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

118人の購読者に加わりましょう
よかったらSNSでシェアお願いします!



奥が深いモータースポーツ撮影の世界
MOTORSPORT撮影術

モータースポーツ撮影歴18年。腕に覚えは全く無いが、知識だけは豊富なワタクシぴぴが、レース撮影について偉そうに解説します。




コメントを残す

ABOUT US
大福
モータースポーツをこよなく愛す、セナプロ世代の四十代。 サーキット観戦デビューは、1996年フォーミュラニッポン第7戦の富士スピードウェイ。ど迫力のエキゾーストノートとタイヤの焼ける匂いを実感し、それまでテレビでしか観戦してこなかった事を悔やむ。以降、F1・WEC・スーパーGT・スーパーフォーミュラなどを富士スピードウェイ・鈴鹿サーキットを中心に多数観戦する。